タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【家族が片付けてくれない問題】解決の秘策はワンアクション収納だった

samia

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

リビングは家族みんなが使う場所なので、ものが多くて散らかりがち。

「使い終わったら片付けて!」と何度言っても出しっぱなしでイライラ…そんな方も多いのでは?

ものを元の場所に戻す動作が面倒だと、ズボラさんにはなかなか片付けてもらえません。

片付けをしてもらいたかったら、一番簡単な「ワンアクション収納」にしましょう

うちの家族の場合、「引き出しに入れる」「フタ付きの箱に入れる」などの片付けはできません。

「引き出しを開けて」「ものを入れて」「引き出しを閉める」この3つの動作は難易度が高いようです。

そのため、ペンやハサミ、体温計などのよく使うものは引き出しに入れず、

スタンドに立てるだけの収納方法に。

これなら片手でワンアクションで戻せるので、ズボラさんでも簡単です。

爪切りやヘアクリップは100均の薬味チューブホルダーに立てるだけ。

子どもの学校から来るプリント類は書類トレーに入れるだけ。

ハンディーワイパーはフックにかけるだけ。

猫のブラシはカゴに放り込むだけ。

このように毎日使うものだけでも、出し入れの動作数を少なくすることがポイントです

リビングを見渡してみて、よく出しっぱなしになっているものがあったら、収納方法がよくないのかもしれません。

どういう収納にすれば戻しやすいかな?」というのを意識して、ものの場所を考えてみてください。

さらに詳しいリビング収納のやり方はYouTubeで紹介しています

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。