タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

IKEAワゴンの収納のコツ!組み合わせて使える無印・ニトリの収納グッズも

samia

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

IKEAの人気商品ロースコグ。

持っているけれどイマイチうまく使いこなせないという方も多いのでは?

この記事ではIKEAワゴンの収納のコツをご紹介します。

IKEAのワゴンでリビング収納

うちではIKEAのワゴンをリビングに置いて、身支度グッズを収納しています。

ふだんは壁の前にスタンバイさせて、使うときだけテーブルまで移動。

キャスター付きでラクに移動できるのが便利です。

ものの入れ方にもちょっとしたコツがあります。

IKEAワゴンを使いやすくする収納のコツ

一番上には毎日使うものを入れる

よく使うものは出し入れしやすい場所に入れるのが収納の鉄則です

IKEAのワゴンの場合、最も出し入れしやすいのは一番上の段。

ここに毎日使う「使用頻度の高いもの」を収納します。

うちの場合、スキンケア用品や鏡、ヘアブラシなどです。

スキンケア用品は無印良品のラタンバスケットに入れています。

コットンと綿棒を入れているのも無印良品のアクリルケース。

ヘアブラシを立てているのは無印良品のキッチンツールスタンドです。

ヘアクリップや爪切りなどは小さくて行方不明になりがちなので、100均の薬味チューブホルダーに立てました。

オープン収納と隠す収納のメリハリをつける

2段目にも比較的よく使うものを収納。

ヘアアイロンやスタイリング剤は娘が使うので、出し入れしやすいようにオープン収納にしました。

使っているのはIKEAのカトラリーケースです。

カゴの中にはわたしのコスメが入っています。

こちらも無印良品のラタンバスケットですが、普段はフタをしています。

オープン収納は使いやすいかわりに、ほこりがたまるし見た目もごちゃごちゃ見えるというデメリットが。

収納する物によってオープンにするか隠すか考えるのがおすすめです。

一番下にはあまり使わないものを入れる

一番下は出し入れしにくいので、あまり使わないものを入れます。

うちでは綿棒のストックやフェイスマスク、ボディシェーバーなどを入れています。

ニトリのムスカバスケットが2つシンデレラフィットしました。

こまごましたモノは種類ごとに立てて整理整頓すると、どこに何があるかわかりやすくなります

中の仕切りには無印良品のポリプロピレンケースを使っています。

よく使うものを特等席に収納するのがIKEAのワゴンを使いやすくするコツです

無印良品やニトリのカゴで中を仕切ると、よりすっきり整理整頓できますよ。

▼YouTubeではほかにもリビングの収納アイデアを紹介しています

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。