How to

片付けの基本とは?片付けられない人必見の5つのルール

samia

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

片付けができないのは「生まれつきの性格のせい」とあきらめていませんか?
実は、片付けには基本となる5つのルールがあります。
これを知っていると、ズボラな性格でも片付いた部屋をキープできるようになりますよ!

【片付けの基本ルール】
ルール1 モノの量を決める
実際はそんなにたくさん必要ないのに、なんとなく所有しているものが収納場所を占領していないでしょうか?「お皿は家族の人数分だけにする」「紙袋はこのボックスに入るぶんだけ」「洋服を1着買うときは1着手放す」など、それぞれの数を決めて、増えないようにキープしましょう。

ルール2 よく使うモノとそうでないモノを分ける
毎日使う使用頻度が高いモノがラクに出し入れできるようになっていると、毎日の生活は劇的に快適になります。ラクに出し入れするためには収納スペースにゆとりを持たせることが大切です。あまり使わないものは別の場所に移動させて、よく使うモノだけを特等席に収納しましょう。

ルール3 使う場所の近くに収納する
つい面倒でモノを出しっぱなしにしてしまうのは、使う場所としまう場所が遠すぎるのが原因になっていることも。わざわざ歩いて戻しに行かなくても済むように、すぐ手が届く場所にモノを収納すれば、「使ったら戻す」が習慣化しやすくなるので、部屋は散らかりにくくなります。

ルール4 一緒に使うモノはまとめる
片付けをするときには、カテゴリーごとに分類して収納する方法が一般的ですが、いつもセットで使うモノに関してはまとめて収納したほうが出し入れがラクになる場合もあります。例えば、冷蔵庫の中の朝ごはん用のおかずを、「和朝食セット」と「洋朝食セット」にまとめてトレーに入れておくのもおすすめです。

ルール5 モノの住所をはっきりさせる
「きれいな部屋をキープしたいのに、家族が片付けてくれない」と悩んでいる方も多いのでは?それはどこに何を片付けたらいいのかがわかりにくいのが原因かもしれません。まずはすべてのモノの住所を決めて、ラベルを貼るなどして家族で共有しましょう。100均のラベルシールなどを使うのもおすすめです。

ただやみくもに片付けただけでは、あっという間に部屋が散らかってしまいます。
5つの基本ルールを頭に入れて片付けを進めると、がんばらなくてもきれいな部屋をキープしやすくなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

▼さらに詳しい片付けの方法はブログで紹介しています
http://katazukeblog.com/katazukenokihon/ (外部サイト)

…続きを読む