How to

  • いいね

【100均ダイソー】つっぱり棒収納術7選!つっぱり棒でキッチンをすっきり片付ける

samia

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ダイソーのつっぱり棒を使ったキッチン収納アイデアをご紹介します。
デッドスペースをうまく使って収納場所を増やせるので、ぜひ試してみてください!

1.窓枠につっぱり棒を取り付ける
キッチンの窓枠につっぱり棒を取り付け、ふきん掛けとして使っています。
クリップフックを使うと、フリーザーバッグや雑巾なども乾かせるので便利です。

2.吊戸棚下につっぱり棒を取り付ける
吊戸棚下に取り付けるのもおすすめです。クリップフックを使うと、キッチングローブなども乾かせます。

3.つっぱり棒でキッチンペーパーを収納する
わが家ではキッチンペーパーホルダーは使わずに、つっぱり棒で吊戸棚下に取り付けています。デッドスペースを活用して収納し、作業台上は広々と使えるようにしています。

4.壁のデッドスペースにつっぱり棒を取り付ける
冷蔵庫横のすき間を利用するのもおすすめです。買い物用のレジカゴバックやトートバッグをかけています。

5.つっぱり棒2本でごみ袋を収納する
つっぱり棒を2本取り付けると、ごみ袋を収納することもできます。下のつっぱり棒がストッパーになるので、ごみ袋が落ちることなく、1枚だけサッと取り出せます。

6.食器棚につっぱり棒を2本取り付けて棚を増やす
食器棚の中につっぱり棒を2本取り付け、棚のようにして使うこともできます。空いている空間を有効に使い、食事用のトレーを置いてみました。

7.冷蔵庫につっぱり棒を取り付ける
冷蔵庫の中でもつっぱり棒は大活躍。クリップフックを使えば、薬味チューブや使いかけの調味料などを吊るして収納できます。

▼キッチン以外のつっぱり棒収納アイデアはブログで紹介しています
http://katazukeblog.com/tupparibo_newidea/ (外部サイト)

シェア

いいね

コンテンツへの感想