How to

  • いいね

だから片付かない!散らかった家に共通しているNG収納とは

samia

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

がんばって片付けをしてもすぐに散らかってしまうのは、収納の方法に問題があるからかもしれません。やってはいけないNGポイントを3つご紹介するので、ぜひ自宅の収納を見直してみてください。

1.隠す収納
収納ボックスや引き出しにモノを収納すると、どこにしまったかわからなくなることはありませんか?
毎日使うモノはすぐ手に取れてすぐ戻せる場所に置き場所を作りましょう。
ときどきしか使わないモノはケースや引き出しにしまってOK!
片付けが苦手な方は中身の見えるケースがおすすめです。
白いボックスでも浅型であれば上から中身が見えるのでわかりやすいです。
引き出さずに出し入れできるのでラクです。

2.重ねる収納
ボックスや引き出しの下の方に入っているモノは取り出しにくいし、存在を忘れてしまいがち。
上にどんどん重ねていくのではなく、立てて収納しましょう。
自立しにくいモノの収納にはブックエンドや仕切りが使えます。
棚の中にハンギングラックを取り付けたり、収納ボックスをそのまま重ねずにコの字ラックを置いたりするのも効果的。
上のモノをどかす手間が減るので片付けがラクになります。

3.詰め込む収納
ぎゅうぎゅうにモノが詰まった状態では、取り出すのもしまうのも大変です。
8割くらいのゆとりのある収納を心がけると、片付けがとてもラクになります。
「なかなかモノが捨てられない…」という方は、よく使うモノの収納だけでも8割収納を心がけてみてください。
あまり使わないモノは別の場所に移動させ、一軍アイテムだけを一等地にスタンバイさせます。
これだけでも日々の片付けのストレスを劇的に軽減できますよ。

▼さらに詳しい片付けの方法はブログで紹介しています
http://katazukeblog.com/zannen_storage/ (外部サイト)

シェア

いいね

コンテンツへの感想