タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【三軒茶屋】話題の白いとんかつ !幻水豚。赤身・希少部位を堪能できるホワイトクラウンの旨味がすごい!

三茶散歩

散歩は、三茶で。(東京都世田谷区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、三茶散歩です。

今三軒茶屋で話題の白いとんかつのお店。幻水豚に行ってきました。

場所はこちら↑

広い大地で泥遊びをして育った幻水豚。決してブランド豚ではなく普通の豚。

でもそれでもきちんと美味しいんだ、を伝えるためにオープンしたとのこと。

自然熟成還元水を毎日たっぷり飲み、"白身"と呼ばれるほど甘みが広がる脂から生産者からは別名「ホワイトクラウン」と呼ばれるそうです。

朝イチで訪れたので、並ばずに入れました。

ちなみにお店を出るときは既に行列が。早めに行って正解でした。

店内は決して広い空間ではなく、コの字スタイルのカウンターのみ。テーブル席はありません。

この日頼んだのは「とんかつ定食3種」。上ロース、特バラ、そして名物の赤身のセットです。

ちょっと頼みすぎかな、と思いつつも食事を堪能したいと楽しみにカウンターで待っていました。

で、到着!

今つまんでいるのが「赤身」

もっと近くで観ると、なんともシズルがすごい。

そしてこの赤身を口にした一口目、、、、「や、やわらかい」と、すぐ「う、うま」

大感動しました。

はっきり言ってこの赤身だけで今日はもう優勝です。

こちらが特バラ。赤身の衝撃には勝てませんでしたが、味わいが深かったです。

上から眺めるとこんな感じ。豪華です。(ロースの写真を取り忘れました。すみません)

また、このお店は自家製の「しょース」というものがあり、それをつけて食べるのがおすすめだそうです。

とても繊細な違いですが、ゆっくりカウンターでひとりランチする方はこの違いをお肉ごとに楽しむといいと思いました。

ちなみに、赤味噌のお味噌汁がとんかつでふくれたお腹に優しく〆てくれます。

無添加、農薬・抗生物質・成長ホルモン不使用、で手作り。

"赤身・希少部位を堪能できる、白いとんかつ「幻水豚」。三軒茶屋に住んでいない方もぜひこのとんかつに会いに来ていただきたいです。

とにかく赤身が最高におしいい。激推しです。

店舗情報

生産者組合 とんかつ 幻水豚

とんかつ屋

赤身・希少部位をご賞味ください。

自然熟成還元水を毎日たっぷり飲み、広い大地で泥遊びをして育った幻水豚。"白身"と呼ばれるほど甘みが広がる脂から生産者からは別名「ホワイトクラウン」と呼ばれる。無添加、農薬・抗生物質・成長ホルモン不使用、手作りをお届けします。

七時半〜十五時、十七時〜二一時半

Profile:三茶散歩

三茶散歩のペライチ

関連記事

スシロー本気の寿司居酒屋「杉玉」が三茶に!

下北沢・新店!ミカン下北の「下北六角」

世田谷駅の絶品ラーメン、らーめん辰屋。

三軒茶屋の新店舗「焼肉冷麺ようちゃん」

三軒茶屋の大衆焼肉「もつ焼よし田」

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想