How to

  • いいね

お宝と地雷が混在の中古住宅 地雷物件を買わないためのチェック項目~境界編

サンタリーフ

DIY大家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

中古住宅はお宝物件と地雷物件が混在しています。

ぜひあなたは地雷を踏むことなく(買わずに)
お宝物件を手に入れてください!

そのためには契約前の調査が大切です。
今回は土地の境界について解説していきます。

前回はシロアリ調査について解説していますので
そちらも是非読んでください。
中古住宅におけるチェックポイント シロアリ編

日本人とくに年配の人は
命の次に大切という人も多いのが土地です。
境界でもめるのは必然的にお隣さんなので
もめた後も
ずっと付き合わなくてはいけません。

僕も以前造園業をしていて
何度かトラブルに巻き込まれたこともあります。
例えば工事中に
お隣さんがいきなり怒鳴り込んできて
『境界杭(票)をうごかしたやろが!』といわれ
町役場に相談に行ったこともあります。

昔は境界のことに詳しくなかったので
町役場に仲介してもらおうと思っていたのですが
境界のもめごとは町の役人では解決できません。

なぜなら町役人は杭がどこにあったかなど
調べるすべを持っていないのです。

この場合は
測量士または
家屋調査士のところに行かなくてはいけません。
測量士や家屋調査士はだいたい法務局か
町役場の近くに事務所を構えていますので
直接行くのも結構ですし
町役場でも紹介してくれると思います。

ただしこのように
もめてから調査するよりも
もめる前に調査した方が
後から遺恨を残さないで済みます。

初めに土地と境界は3段階の状態があるという事を
知っておいてください。

1段階目 境界が確定していない土地
2段階目 境界は確定しているが境界票(杭)がない
3段階目 境界が確定していて境界票もある


購入前に3段階目の境界が確定していて境界票もある
という状態にしておきましょう。

では購入前の境界の確認の手順を解説します。
というか
購入候補の物件を見つけたら
仲介業者(不動産屋)さんに
『境界票(杭)の確認をしてください』
と一言お願いしたら
すでに境界票(杭)が隣接地との間に
打たれている場合は
『すでに確定して票(杭)もあります』
と教えてくれます。
この場合仲介さんに立ち会ってもらい
一緒に杭の位置を確認しておしまいです。

注意してもらいたいのが
境界に塀が建っているから
大丈夫とは思わないでください。

同じ塀でも境界の位置は塀の真ん中、内側、外側と
色々ありますので塀が建っていても
必ず確認してください。

自宅の境界票です。
最近の住宅街では標高が高い方の
家がブロックまで敷地という場合が多いです。
(決して値段が高い方ではありませんww)

昔はブロックの中心が多かったのですが
それだとブロックの補修などで
もめごとが多いので
どちらかの所有としたのだと思います。

念のため自分でも確認したいという
立派な心掛けの人向けに
確認の仕方をお伝えします。
購入する物件の地番を調べます。
※地番というのは住所とは違いますので
気を付けてください。
地番は主に登記情報の取得や税金など公的に使い
住居表示は郵送物などを配達する宛先などに使います。
地番を調べるには
納税通知書を見る方法などがありますが
これは売主側のやることなので
ここでは詳しくは解説しません。
買主側の場合は
仲介業者に地番を教えてもらいましょう。

次に所在地の法務局に行き
土地の登記簿と地積測量図を取り寄せます。
これは他人の土地でも取得することが出来ます。

※インターネットでも取り寄せることが出来ます。
一筆ではない場合はすべての土地の登記簿と
地積測量図を取らなければいけません。

1段階目の境界が確定していない土地や
2段階目の境界は確定しているが
境界票(杭)がない場合

測量士や家屋調査士にお願いして
測量と境界の確定、境界票の打ち込み
を行わなくてはいけません。

普通境界の確定は売主さんの負担で行うことが多いので
境界が確定していないときには
仲介業者を通して売主さんに
境界の確定をお願いしてもらいましょう。

境界の確定をして貰う予算ですが
土地の広さや形状、1段目か2段目か
また特に隣接している土地の所有者の数で
変わってきますので
30万円から80万円くらいと幅があります。

また隣接する土地の所有者と立ち合いが必要なため
かなり時間がかかります。

急いで土地を取得しないといけないときには
境界票がすでに打ってある土地を購入する方が
良いかもしれませんね。

kindle出版から
『初心者のためのDIYリノベーションのレシピ』を出版しました。
初心者でもDIYリノベーションが出来るよう
優しく詳しく写真も多用していますので
是非読んでください。

YouTube『Santaleaf 不動産の教科書』では
賢い中古住宅の買い方などを解説していますので
こちらも是非ご視聴下さい!

#中古住宅 #不動産 サンタリーフ #境界 #リノベーション #DIY

シェア

いいね

コンテンツへの感想