最先端デジタル技術が楽しい!川崎市川崎駅徒歩1分で世界の水辺を旅しよう

さすらいあんこ

地域クリエイター(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年7月にオープンした淡水魚の水族館「カワスイ 川崎水族館」に行ってきました。
ビルの中にあり、川崎市川崎駅から徒歩1分の立地なのでアクセス抜群です。
いままでの水族館とは違う大きな特徴は最先端デジタル技術を利用した演出です。
入ってすぐのエントランスでは壁にいろいろな生きものがあらわれる様子を見ることができます。

生きものたちが見え隠れするエントランス
生きものたちが見え隠れするエントランス

生きものの情報は水槽のそばにあるQRコードを読み取る方法で確認できます。
また、スマホアプリ「LINNÉ LENS」を使用すると水槽にスマホをかざすことで情報を確認することができます。かざすだけでAI解析され情報が表示されるなんてびっくりですよね。
水族館内は無料Wi-Fiがあるので安心して楽しめます。

6つのエリアで「世界の水辺を旅する」ことができる

とても身近な「多摩川ゾーン」から始まり「オセアニア・アジアゾーン」「アフリカゾーン」「南アメリカゾーン」「パノラマスクリーンゾーン」「アマゾンゾーン」と6つのエリアに区切られていて、それぞれ雰囲気も違っています。

南アメリカゾーンのグリーンイグアナ
南アメリカゾーンのグリーンイグアナ

飼育員さんとの距離の近さも魅力の1つ!

アマゾンゾーンはガラスのトンネルになっていて、とても開放的です。
そのため自分もジャングルの中にいるような気持ちになって生きものたちを身近に感じることができます。
カピパラやナマケモノが自由に動く姿をじっくり見ることができました。

癒やされるカピパラのごはんタイム
癒やされるカピパラのごはんタイム

飼育員さんが、大きな鳥がいたずらをしていて困っているというお話をしてくれました。
また、飼育員さんがたくさんいて色々話しかけてくれるのもカワスイの魅力の1つです。
もっと詳しい説明を聞きたい!という方は「飼育員解説」イベントも開催されています。
ジャングルでのスコールや濃霧、雷雨が体験できるのもカワスイならでは。ぜひ時間を合わせて参加したいですね。
また、6つのエリア以外に「アグア・ラボエリア」というエリアがあり、こちらでは普段見ることのできない水槽の管理システムなどをのぞくことができました。

はじめて知る水族館の裏側
はじめて知る水族館の裏側

かわいい生き物たちに思いを馳せながら世界の料理を堪能

カワスイにはカフェ(なんと猫カフェも!)やレストランも充実しています。
ブッフェレストラン「AOW」に行ってみました。
カワスイに集まる生きものたちの故郷で愛される世界各国の料理が楽しめるとのことで、さっき出会ったかわいい生きものたちに思いを馳せながらおなかいっぱい食べることができました。

世界各国の料理が食べ放題
世界各国の料理が食べ放題

1回だけじゃ満足できない!リピートしたい魅力が満載

カワスイは時間帯により演出が変わるそうで、この日訪れた時は昼でしたが、夜は夜行性の動物やナイトジャングルなどが楽しめるようです。夜はムードがありそうですね。
アクセス抜群の立地にありながら世界中を冒険した気分になれたカワスイ。
気軽に非日常のワクワク感を味わいたいときにオススメできるスポットです。
お得な年間パスポートもあるので購入して足繁く通いたくなった大満足のカワスイトリップでした。

<施設名>
カワスイ 川崎水族館
公式サイト:カワスイ 川崎水族館
<住所>〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
<営業時間>10:00 〜 18:00(最終入館 17:00)
緊急事態宣言解除後は10:00~20:00(最終入館19:00) 予定
詳しい予定は公式サイトのカレンダーをご確認ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想