【川崎市多摩区向ヶ丘遊園】桜もたくさん!緑豊かな「生田緑地」でのんびり癒やされよう

さすらいあんこ

地域クリエイター(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

川崎市多摩区向ヶ丘遊園にある「生田緑地」をご存知でしょうか。
都内からもアクセスしやすく、敷地面積は東京ドーム20個分ほどもあるとても広い緑豊かなスポットです。
生田緑地にはプラネタリウムや民家園、岡本太郎美術館、藤子・F・不二雄ミュージアムやばら苑などたくさんの施設があります。
詳しくは生田緑地のマップ(生田緑地公式サイト)をご覧ください。
今回はこの季節にぴったりな、中央広場、お花見スポットの枡形山展望台へのお散歩コースをご紹介します。

ビジターセンターで情報収集を! ノスタルジックなスナック自販機にも釘付け

生田緑地の1番大きな入口には東口ビジターセンターがあります。
こちらには生田緑地のマップやイベント情報、またトイレや休憩スペースもあるので、最初に訪れて計画を立てるのにおすすめです。

ビジターセンター1階
ビジターセンター1階

イベントのお知らせで情報収集
イベントのお知らせで情報収集

2階の休憩スペースには最近ではあまり見ることができないスナックの自動販売機があります。

台湾飯やハンバーガーセットなど気になるメニューがたくさん。この日はお腹が一杯で食べられなかったのが悔やまれます。

気になる自動販売機
気になる自動販売機

子どもも大人もはしゃいでる。芝生が気持ち良い中央広場

生田緑地で一番広い芝生広場です。こちらではさまざまなイベントが行われます。
この日は特にイベントはなかったけれど、みなさんレジャーシートなどをしいてお昼寝したり、バドミントンやキャッチボールをして楽しそうに遊んでいました。
広場には自由に入って座席に座り、旅行気分をたのしむことができる列車「ブルートレイン」と、「デゴイチ」の名称で親しまれている「D51 4008」という鉄道ファンにはたまらないであろう列車があります。「デゴイチ」は外から眺めるだけとなりますが、おじさまやパパたちも興味深そうに写真を撮ったりしていました。

中に入ることができる「ブルートレイン」
中に入ることができる「ブルートレイン」

黒い車体がかっこいい「デゴイチ」
黒い車体がかっこいい「デゴイチ」

お花見スポットで人気の枡形山展望台へ

ビジターセンター前にある枡形山入口から10分ほど歩くと枡形山広場へ出ることができます。枡形城があったそうで枡形城跡とも呼ばれています。

枡形山入口
枡形山入口


枡形山展望台では360度の眺望を楽しむことができ、富士山やスカイツリーなどを見ることできます。この日は曇っていたので残念ながら富士山は見えませんでした。

展望台からの景色
展望台からの景色


また、広場には約1,500本の桜の花があり、種類もソメイヨシノや、八重桜、山桜、しだれ桜など複数あります。
3/20時点では満開ではありませんでしたが、すでにうすピンク色のかわいい桜を楽しむことができました。

かわいい桜
かわいい桜

現在コロナウイルスの影響で「宴会抜きでお願いします」というお知らせが出されていますのでお気をつけください。
生田緑地のお知らせ(公式サイト)

夏はホタル、秋はメタセコイアの紅葉など季節ごとに楽しむことができるのも生田緑地の魅力です。
季節のイベントなどもたくさん行われているのでぜひチェックしてみてください。

施設名:生田緑地(公式サイト
アクセス:
小田急線「向ヶ丘遊園駅」下車 南口から徒歩約13分
小田急線/JR南武線「登戸駅」下車 生田緑地口から徒歩約25分
※バスなどの情報は交通アクセス(公式サイト)をご確認ください。
住所:〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4
お問合せ:生田緑地東口ビジターセンター
電話:044-933-2300
FAX:044-933-2055
イベント情報(公式サイト)

シェア

いいね

コンテンツへの感想