タイトル画像

専門マスター

  • いいね

すぐ乾くのに5,000円以下!サロニアのドライヤーおしゃれで大風量!

せす

家電Youtuber/現役家電量販店店員

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

髪を乾かすものといえばドライヤーですが、そのドライヤーはどのような基準で選んでいるでしょうか?ここ数年は高単価ドライヤーの流行もあって、ドライヤーの金額は2,000円ほどのお手頃なものから、3〜4万円の高級ドライヤーまで幅広くなっています。

ドライヤーの目的は「髪を乾かす」ことで、もちろん1番安いドライヤーでも髪を乾かすことができます。ではなにが違うのかというと、髪に対する影響と、髪が乾くまでの時間です。

髪に対する影響

ドライヤーが髪に及ぼす影響は、主に乾燥です。もちろん髪を乾かすものなので乾燥するのは当たり前ですが、ドライヤーによっては髪の水分を蒸発させすぎてしまったり、地肌を乾燥させてしまったりします。そうすると、乾いた髪がパサパサになってしまったり、冬に頭皮が痒くなったりフケが発生する原因になったりします。高いドライヤーになるとそれを軽減する機能が付きます。

マイナスイオンは多くの水分を含むイオンで、髪を乾かした際、髪の毛に水分を与えてくれます。マイナスイオンが入っている機種だと、髪の乾燥対策をしてくれます。

髪が乾くまでの時間

髪が乾くまでの時間は、温風の温度とその量によって左右されます。風温は高ければ高いほど早く乾きますが、髪や地肌も乾燥してしまいます。風音が低くてもしっかり乾かすためには、風量を多くする必要が有ります。ドライヤーの風量は「m3/分」で表されます。1分間にどのくらいの風を送っているかの指標で、風速とは異なります。一般的には、1.3m3/分以上で大風量と言われていましたが、最近では2.0m3/分以上の機種も多くなってきています。早く乾かしたい場合は、2.0m3/分以上のものがいいかもしれません。

この二つの条件を満たす機種は、目安として5,000円以上はします。

そんな中見つけた5,000円以下で買えるおすすめドライヤーを紹介したいと思います。

SALONIA スピーディーイオンドライヤーSL-013

基本情報

本体サイズ(幅×奥行き×高さ)
202×75×199mm(使用時、ノズル装着時)202×75×131mm(折りたたみ時、ノズル装着時)

コード長
約1.7m

温風湿度
約80度(TURBO・室温30度・ノズル装着なし)
約103度 (TURBO・室温30度・ノズル装着時)

重量
約495g(ノズル・コード込み)

SALONIAのドライヤーの特徴

大風量

軽量で小型なコンパクトな機種ですが、その風量は驚きの2.3m3/分です。より多くの風でしっかりと乾かしてくれます。大風量が売りのモデルでも多くは2.0m3/分の風量なので、それよりも風量が多く髪を早く乾かすことができます

マイナスイオン搭載

髪の乾燥を防ぐマイナスイオンを搭載しています。マイナスイオンがあると髪が乾燥しづらく、髪にツヤが出るので髪に優しいです。

SETモード搭載

弱い風量で温風を出すSETモードを搭載。優しい風で髪をスタイリングしやすくなっています。

TURBO、SET、COOLの3種類のモード搭載
TURBO、SET、COOLの3種類のモード搭載

コンパクトでおしゃれなデザイン

本体は折りたたみ式で、折りたたむとコンパクトに収納ができます。また、マットな素材でシンプルなデザインなので、洗面所に出しっぱなしでも意外とおしゃれです。

今回はSALONIAのドライヤーの紹介でした。こちらの機種は5,000円ほどで購入できます。この価格帯でこの風量はなかなかないので、速乾にこだわるロングヘアの方なんかにはおすすめの機種です!カラーも白黒の定番色以外にグレーやネイビーなども公式通販限定などで販売されているので気になる色をチェックしてみてください!

シェア

いいね

コンテンツへの感想