タイトル画像

専門マスター

  • いいね

まるで高級品!デザインが映えてる山善のケトルがおしゃれだった!

せす

家電Youtuber/現役家電量販店店員

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お湯を沸かす時に便利なケトル。最近では一人暮らしの必需品として新生活に購入する家電の一つになっています。そんなケトルですが、ほとんどの製品が2,000円から10,000円前後でそこまで大きな値段差があるわけではありません。製品の大きな違いは、一度に沸かすことのできるお湯の量とそれにかかる時間、そして保温機能の有無などです。しかし、購入の際に1番重視されるのはデザインであることが多いです。ケトルは台所などに常に置いておくものになりますので、部屋の中でずっと目に入ってしまうものです。そこでおしゃれなデザインの製品を選ぶ方が多いです。

今回紹介するのは山善の電気ケトルYKG-C800。こちらの商品は安価でありながらおしゃれで機能性抜群です。こちらの電気ケトルのおすすめポイントを紹介します。

基本情報

本体寸法:幅28.5×奥行19×高さ24cm

重量:約980g

容量:0.8L

温度設定範囲:60〜100度

コード長:0.9m

出しっぱなしでもおしゃれなデザイン

先ほど書いた通り、リビングやキッチンで出しっぱなしになることが多いです。出しっぱなしでもおしゃれなデザインとなっています。台座部分はガラスデザインになっていてスタイリッシュです。操作盤はタッチパネルになっていて、操作すると文字が光って浮かび上がるデザインです。

保温も温度設定もできる

こちらの機種は60度から100度までで任意の温度にお湯を加熱することができます。お湯の温度は入れたいものによって変えるのがおすすめです。紅茶や緑茶はお湯が熱すぎると美味しく抽出できないみたいなので、お茶を飲む方にはおすすめです。また、粉ミルクを溶かすのにも使えるので、赤ちゃんがいる家庭には温度設定付きのケトルがいいかもしれません。1度単位で設定できるのはもちろんですが、あらかじめプリセットされている、60,70,80,85,90,95度は簡単に設定可能です。沸騰させるためのボタンも独立してついてるので、沸騰はワンタッチで設定ができます。

ドリップ向きの細口ノズル

本体のノズルはコーヒーのドリップに向いた細口ノズル。お湯をゆっくりと適切な場所に注ぐことができるので、コーヒー豆の油分にお湯がはじかれることなく、コーヒーの味をしっかりと抽出できます。コーヒーを飲む方にはおすすめですね。

ということで今回は、山善のケトルYKG-C800を紹介しました。実勢価格は大体6,000円前後と、温度調節ができる機種としては比較的安価な機種となります。また、デザインも高級な機種に似たデザインなので、価格を抑えておしゃれなデザインのケトルを購入したい方にはおすすめです!気になった方はチェックしてみてください!

シェア

いいね

コンテンツへの感想