タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

家電大賞の家電は本当にいい?電気屋店員が評価!

せす

家電Youtuber/現役家電量販店店員

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

3月ごろに「家電大賞2021→2022」が発表されました。この記事では家電大賞を受賞した家電製品を何点かピックアップして、買うべき商品なのかを紹介していきます。家電量販店で働く筆者が、家電量販店の店員目線で評価していきたいと思います。この記事を読んで本当にいい商品を選んでいただけると嬉しいです!

家電大賞とは
家電と暮らしの情報サイト「家電 Watch」と、ワン・パブリッシングのモノ・トレンド情報誌「GetNavi」が共同で開催している、「家電大賞 2021-2022」の最終結果が決定しました。グランプリ、および各部門の金賞から銅賞、家電 WatchとGetNaviの特別賞までを発表します。
家電大賞は、2021年の家電製品のなかから「ベストオブベスト」を、読者投票のみで決定する家電アワードです。
出典:【特別企画】読者が選んだベストな家電は? 「家電大賞 2021-2022」グランプリ決定! - 家電Watch

ちなみに商品が多すぎるので、筆者ブログにてほぼすべての商品を紹介しています!

気になる方は「家電情報局」をチェックしてみてください!

冷蔵庫部門

パナソニック WPXシリーズ

パナソニック WPXシリーズ[画像提供:パナソニック株式会社]
パナソニック WPXシリーズ[画像提供:パナソニック株式会社]

パナソニックの最上位モデルであるWPXシリーズが見事金賞です。しかし、実際に家電量販店で購入されることが多い機種はHPXシリーズという1個下のモデルです。

WPXシリーズは600L、650Lの2機種があり、HPXシリーズは500L、550L、600Lの3機種がラインナップされています。違いは基本的にほとんどなく、表面のガラス加工の違いと付属品である「重量検知プレート」が付いているかどうかです。

WPXシリーズはマットな質感のフロスト加工されたガラストップデザインで、HPXシリーズは光沢のあるガラスデザインです。重量検知プレートは、乗せた食材の重さを検知して残量をアプリ通知してくれるものです。毎日決まって食べる食材などがある人におすすめです。それが必要なければ、HPXシリーズでいいでしょう。

ちなみに、550L以上の機種は幅が68.5cm以上になり、集合住宅などでは搬入できないことも多いので搬入経路の確認が必要です。

パナソニックの冷蔵庫は質が高く、多くの人に使いやすくできています。コンプレッサーを冷蔵室の最上段奥に位置させることで、最上段の食材は背が低くても取りやすく、一番下の野菜室の奥行を広くとっています。

野菜室や冷凍室の引き出しは高級な家具などにも使われるベアリングレールを採用しており、丈夫なうえに最大限まで引き出すことができます。引き出し内全体が見渡すことができ、使いやすくなっています。

総評
WPXシリーズよりHPXシリーズでいい!

洗濯機部門

パナソニック NA-LX129A

パナソニック NA-LX129A[画像提供:パナソニック株式会社]
パナソニック NA-LX129A[画像提供:パナソニック株式会社]

パナソニックのドラム洗濯機の最上位モデルです。乾燥の性能が高く、シワも少ないです。圧倒的人気の機種で納得の受賞です。

洗剤柔軟剤の自動投入機能を搭載しているのはもちろん、おしゃれ着用の洗剤タンクが付いており、分け洗いする方におすすめです。

詳しい機能はこちらの記事に!

新機能が多数追加!パナソニックのドラム式洗濯機の進化がすごい! - せす | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム

総評
納得の1番おすすめの機種!この機種を買うべき!

空気清浄機部門

シャープ KI-NS50

シャープ KI-NS50[画像提供:シャープ株式会社]
シャープ KI-NS50[画像提供:シャープ株式会社]

この機種は上から4番目のモデルの空気清浄機です。

現在はモデルチェンジしていてKI-PS50となっています。この機種にはおまかせ運転やニオイやハウスダストのモニターがありません。その機能が付くのは一個上のKI-PX70です。

デザインもスタイリッシュになり、プラズマクラスターの濃度も上がるので個人的には70番がおすすめです。

価格は1~2万円前後高くなりますが、KI-PX70がいいと思います。

総評
KI-PX70を買うべき。

クリーナー部門

ダイソン V12 Detect Slim

この機種はダイソンの現行スティッククリーナーで上位モデルの機種になります。

ホコリやチリを照らしてくれるレーザーを搭載していて、床にあるゴミがキラキラして見やすいです。またゴミを検知することで自動的に吸引力を調整してくれます。

本体重量は2.2kgと重いですが、抜群の吸引力を持っているので吸引力重視の方にはおすすめです。価格は少しお高めですが、非常におすすめの機種です。

総評
確実に買い。

ロボット掃除機部門

アイロボット ルンバ i3

ルンバシリーズからi3が選ばれました。i3はミドルモデルとしてラインナップしていて、現在は49,800円ほどで購入することができます。

ルート走行で規則正しく動くため、下位モデルのe5のランダム走行に比べると少し広い空間を掃除することができます。

上にはj7という機種があり、そちらはカメラ搭載で物を検知できるため、物を避けてほとんどぶつからずに動くことができます。

初めて買うとしたらi3はちょうどいい機種なので、ロボット掃除機デビューにぴったりです。アプリ対応していてスケジュールや通知も可能なので、便利に使うことができます。

美容家電部門

ダイソン Supersonic Ionic

筆者も使うダイソンのドライヤーが見事に金賞です。

45,000円ほどと金額は高いですが、人気のある製品です。圧倒的な風量で早く乾くので、ロングヘアの女性にもおすすめの機種です。

豊富なアタッチメントを使うことで、パーマヘアをふわふわに乾かしたり、浮き毛の抑制をしたりと、さまざまなヘアスタイルを楽しむことができます。

関連記事

4万円のダイソンのドライヤーがやってきた!

総評
とにかく早く乾かしたい人はおすすめ!パーマの方にも!

ということで今回は家電大賞を受賞した家電の中でも気になる機種の紹介をしてみました!

数が多すぎるので他の商品は筆者のブログ「家電情報局」に掲載していますので気になる方はご覧ください。

【前編】家電大賞の家電はほんとにいいの?電気店員が考察!

【後編】家電大賞の家電はほんとにいいの?電気店員が考察!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。