タイトル画像

専門マスター

  • いいね

猛暑の夏休み!おうちで簡単に親子で楽しめる運動遊び7選!

しゃーごん

保育士/チャイルドカウンセラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!保育士母さん、しゃーごんです。

現在、保育士として地域の公民館や療育教室で親子遊び講座をしたり、地域の保健師さんと一緒に子育て講座にまわったりするような働き方をしながら、子育てに関する情報発信をしています。

今回は夏休みにおうちで!親子で!楽しめる運動遊びをご紹介します♪

▼外に行きづらい今、おうちで運動遊びがおすすめ!

猛暑で気温が高い日が続いていて、日中はなかなか公園の遊具で遊ぶことも難しくなっていますよね。

かと言って「一日中家にいて身体を動かさないのもな〜」とお悩みの保護者さんも多いかもしれません。

また、外出時に自分で歩きたがらず、抱っこやベビーカーばかりというお子さんも、おうちの中で体を動かす遊びやおうちの近くでできる散歩を日常に取り入れると体力をつけることができます。

お子さんの成長発達に合わせて、必要に応じて補助をしながら無理なく行ってみてくださいね。

▼おうちで親子で楽しもう!運動遊び7選!

ひらひらペーパー

大人が高いところからティッシュを落として、子どもが追いかけてつかむゲームです。慣れてきたら2枚重なったティッシュを1枚ずつに分けると、また違った動きを楽しめます。

しっぽとりゲーム

ズボンの間にビニールテープや紐、タオルなどを挟んでしっぽをつけます。しっぽを複数挟んでもいいですし、追いかける方と逃げる方を交代で行ってもいいですね!

歩いてぴょーん

手をつないで歩きながら、かけ声に合わせて大人が子どもを持ち上げるようにして前にグッと進みます。

この動きは子どもの手に力が入っていなかったり、捕まる力がなかったり、しがみついていない状態で引っ張ると脱臼などの原因となります。

子どもが動きに慣れるまでは、脇の下を支えるなどして補助してあげてくださいね。

ふうせんキャッチ

風船ははっきりした色で、動きがゆっくりで追いかけやすく、小さな子どもとの遊びにピッタリです。

キャッチする遊びに慣れたら、手で打ち合ったり、うちわを使ってバドミントンのようにして遊んでも楽しめます。

ダンシング!!

子どもが好きな音楽や、アップテンポで明るい曲などに合わせて、親子で楽しく踊ります♪

大人の踏むステップや、足を開いたり閉じたりする動きを真似してもらうと、身体だけでなく頭の体操にもなります。

ピカピカをタッチ!

遮光したお部屋などで、懐中電灯の光を追いかけて遊ぶゲームです。大人は座っていてもできるので、少し休憩したいときにもおすすめです(笑)

部屋が暗くなるので、周りに十分なスペースがあり、危険なものがないところでやってみてくださいね。

そろそろ歩き

おうちの中で走り回るのはちょっと・・・という場合は、あえて静かに歩くことを取り入れたゲームをやってみましょう!

いつもと違った体の動かし方で、歩き方を工夫する練習にもなります。

▼子どもの遊ぶ力に任せて夏休みを無理せず過ごそう!

子どもにとって遊びとは「”やりたい”から始まるすべてのこと」です。何をしているから遊び、◯◯遊びという名前のついた遊びをしているから遊びということではなく、子どもが自ら楽しくやっていることはすべて遊びです。

(こちらの記事で詳しくお話しています↓)

親が付きっきりで遊びに付き合わないといけないということもないので、今回の遊びのアイデアが「何かおうちで親子でできる楽しいことはないかな?」と思ったときのちょっとしたヒントになれば幸いです。

<その他SNSでも子育てに関する情報発信をしています>
Instagram ー 子育ての体験談や保育に役立つ情報などをイラストを交えて投稿中! 
Voicy    ー 「無理しない育児」をテーマに子育てのことを音声配信中!
Twitter   ー 子育てに関するメモや記事更新情報などを発信中!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう!

シェア

いいね

コンテンツへの感想