タイトル画像

【大阪市鶴見区】咲くやこの花館で「虫を食べる植物展」が開催中!

シエスタ

地域ニュースサイト号外NETライター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

鶴見緑地公園内にある植物園、咲くやこの花館にて「虫を食べる植物展」が開催中ですよ。

開催期間は、2021年7月3日(土)~9月26日(日)

世界中から集められた50種類以上もの食虫植物が観察できる毎年開催されている人気のイベントです。
実際に行って来た様子も合わせて、イベント内容の紹介をしたいと思います。

◆特別ラリー マクロで飛び込む! 食虫植物の世界
(期間中毎日開催)
無料貸出のスマートフォン用のマクロレンズを取り付けて、食虫植物の観察ができます。
マクロレンズは入口すぐの案内所で借りられます。

特別ラリーのマップ
特別ラリーのマップ

マップを参考に、マクロポイントを探してマクロレンズで撮影してみましょう。

食虫植物というと、このハエトリグサを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

マクロレンズを使った撮影はなかなか難しかったです。
↓こんな写真が撮れましたよ。

《モウセンゴケ》
《モウセンゴケ》

マクロレンズを返却時に、食虫植物のシールがプレゼントとしてもらえますよ。
(もらえるのは、ひとり1枚です。)

◆ボタニカルペインター Saori Ohwada氏 原画展示
場所・1階フラワーホール

◆驚き!ライブ解説(期間中の土日祝)
フラワーアテンダントが、食虫植物が虫を捕らえる方法を解説してくれます。
①11:00~ ②14:00~
場所・1階フラワーホールステージ
参加費・500円(別途入館料)
定員・各回10名
当日10:00~案内所にて受付(先着)

◆「アリの巣植物」特別展示
期間・9月7日(火)~26日(日)
日本のアリの巣植物の第一人者、伊藤蟻植物農園 伊藤彰洋氏によるアリの巣植物の展示です。
9月12日(日)19日(日)には、アリの巣植物&オリジナルグッズの販売会もあります。
場所・1階フラワーホール

◆食虫植物の販売
場所・1階ミュージアムショップ

◆噴水前のフォトスポット
場所・1階フラワーホール

高さ約8mまで噴水が上がるスプラッシュタイム
高さ約8mまで噴水が上がるスプラッシュタイム

他にも食虫植物グッズの販売や、グッズを自分で作れるワークショップも開催されます!
ワークショップ&販売店リスト(公式サイト)

ぜひ、この機会に虫を食べる不思議な植物の世界を覗いてみてはいかがでしょうか?
咲くやこの花館では、熱帯から極地まで世界中の植物を間近に見ることができますよ。

咲くやこの花館
大阪市鶴見区緑地公園2-163
電話:06-6912-0055 FAX:06-6913-8711
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:大人500円※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料【要証明(生徒手帳、健康手帳、敬老優待乗車証等の原本)】
休館日:月曜日(休日の場合はその翌平日)及び 年末年始(12月28日から1月4日)

シェア

いいね

コンテンツへの感想