タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【松阪市】甘味処「山作」の新作かき氷! エスプーマ仕立てのふわふわひんやり食感を一足先に実食です☆ 

shimashima

地域ニュースサイト号外NETライター(松阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今年は例年にない早い梅雨明け。松阪市でも本格的に暑い日が続いています。松阪市中町の甘味処「山作」が、7月1日から新作かき氷の販売を始めると聞き、お店に行ってみました!

「山作(やまさく)」といえば、ぜんざいやさわ餅が名物。お土産やお茶うけに、買い求めるお客様がたくさんお店を訪れています。

もちもちのお餅にあんが挟まれている、名物さわ餅
もちもちのお餅にあんが挟まれている、名物さわ餅

「ぜんざいは山作でないと」というファンも多い
「ぜんざいは山作でないと」というファンも多い

夏の強い日差しに、藍色ののれんが映える「山作(やまさく)」は、明治26年創業の老舗甘味処です。

昔ながらのつくりの落ちついた店内は、木がたくさん使われ、ホッと一息つける雰囲気です。

店内には、まだかき氷メニューなどは見当たりませんでしたが、噂に聞いた、新作かき氷は本当に始まるのでしょうか??

店長さんにお話を伺うと、新作かき氷は、噂通り、2022年7月1日から発売するそう☆ そして、間もなくメニューが出来あがって届くらしいのですが、なんと! 特別に今すぐに作っていただけるとのこと。うそ~、感激! めちゃくちゃうれしい。ありがとうございます!!

かき氷を待つ間、お店の中を拝見します。「山作」は、明治26年創業という歴史ある甘味処。青春時代を松阪市で過ごした、有名な映画監督小津安二郎がこちらに立ち寄ったエピソードも。いかに昔から親しまれていたかがわかりますよね。

小津安二郎の日記に「昼から家の用で山作に行った」という文章が記されています
小津安二郎の日記に「昼から家の用で山作に行った」という文章が記されています

では、お待ちかねの、新作のかき氷の登場! こちらが、エスプーマ仕立ての新作かき氷「抹茶ミルク氷850円(税込)」です。濃い抹茶の緑色が、雪のように白い氷と生クリームに映えています。

「山作」の新作、抹茶ミルク氷
「山作」の新作、抹茶ミルク氷

本格的な抹茶みつがかけられた、キメの細かい氷に、ふわっふわの生クリーム。これが、口にいれると、氷とともに、一瞬で消えてしまいます。ホントにふわっふわ食感!

ふわふわのエスプーマ仕立ての抹茶ミルク氷
ふわふわのエスプーマ仕立ての抹茶ミルク氷

このクリームの、キメの細かさ…伝わりますでしょうか?! さらに、老舗甘味処ならではの、自慢の小豆が楽しめるのも嬉しい。

食べ進めると、下にもお楽しみが。中から出てくるのは、アイスクリームと、白玉、そして抹茶小豆寒天。パフェのように贅沢です。

(取材のためかき氷はお店よりご提供いただきました。誠にありがとうございました。)

新作かき氷のメニューは3種類、どれも美味しそうです
新作かき氷のメニューは3種類、どれも美味しそうです

甘味処「山作」の新作かき氷は、抹茶ミルク氷・黒蜜きなこ氷・いちごミルク氷の、全部で3種類、全てお値段は各850円(税込)です。暑い日に、このくちどけのふわふわかき氷は絶品です。7月1日の発売が楽しみ!

黒蜜きなこ氷(画像:「山作」公式Instagramより)
黒蜜きなこ氷(画像:「山作」公式Instagramより)

また、伝統的な甘味をお好みの方は、昔ながらのかき氷をはじめ、冷やしぜんざい650円(税込)もおススメです。老舗甘味処「山作」では、涼を感じる、美味しいスイーツがいただけます。暑い夏のお楽しみに、ぜひ立ち寄ってみては??

松阪市中町の「山作」店舗外観
松阪市中町の「山作」店舗外観

【店舗情報】
店名:山作(やまさく)
住所:三重県松阪市中町1857
電話番号:0598-26-6364
営業時間:9時00分~16時00分(火曜:定休日)
公式サイト
公式Instagram

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。