中国でワクチンを打ってきました!中国のワクチン接種事情を紹介します

SHIN

モデル

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは〜今回中国のワクチン接種事情を紹介したいと思います!

今の中国ではワクチン接種するには予約なしで、気軽に行けるです。
病院によって提供したいワクチンが違うので、ちゃんと調べてから行ってください。

病院についたらワクチン接種の専用エリアがあって、中に入ったら担当者に話しかけると案内してもらえます。
日本と一緒で住民票を持ってる外国人の方も接種可能です。
そして、受付したらすぐ案内してもらって接種室へ、接種したあと待機エリアに必ず30分を休憩し体調などの様子を見ないといけないです。
30分様子を見てから特に問題がなければ、担当者の許可をもらいスタンプを押していただいたら帰れます。

中国全体的50%以上の人口が一回目を接種し、45%が二回目を接種しました。

そして、今回中国シノファーム(Vero Cell)という種類のワクチンを接種しました。
なぜかこれに選んだ理由はWHOが唯一認可されてる中国製ワクチンです。
あといろいろ調べた結果で、副反応がほとんどないことで、今回実際に一回目を打ったあとまったく副反応がなかったです。

ただし、誰にも副反応がほとんどがないなのか もしかして 他のワクチンと比べて効果が弱いと考えています。
中国シノファームワクチンは東南アジア主に提供していました。
そのおかげで、一時期感染者数が収まって徐々に回復をした様子に見えたですが、現在コロナ異変株デルタでさらに感染力が強いウイルスを発見されてからまた感染者を増え始めたらしいと言われてました。

自分的にワクチンを打つことで少なくともリスクが存在しています。
どんな種類のワクチンを接種したとしても必ずコロナにかからない保証もないです。
ただし、少なくともワクチンを接種したことでコロナに感染される可能性が低くなると思います。
自分を守って、そして周りの人も守れると思います。

こんなコロナ禍でもう2年くらい続いてみんなさん色々大変だと思いますが、早く事態を収束されるように

以上、中国のワクチン事情でもし中国に滞在してる方いらっしゃってこれは参考になれたらいいと思もいます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る