品川亮

映像制作・文筆・翻訳

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1970年、東京生まれ。幼年期をリマ(ペルー)で過ごす。映像作品には、『H.P.ラヴクラフトのダニッチ・ホラーその他の物語』(監督・脚本・絵コンテ/東映アニメ)、『SECTION 1-2-3』(監督・脚本/アサヒ・アート・フェスティバル2007参加作品)などがある。著書『〈帰国子女〉という日本人』(彩流社)、共編著『00年代+の映画』(河出書房新社)。またアンソロジー『絶望図書館』、『絶望書店』、『トラウマ文学館』では、英米文学短編の翻訳を担当。月刊誌『STUDIO VOICE』元編集長。

関連タグ
関連リンク

作品一覧 1件