タイトル画像

専門マスター

  • いいね

「食べるスープ!」サイゼの”リグーリア風ミネストローネ”が栄養満点

進撃のグルメ

グルメブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日、話題のグルメを紹介しています。

イタリアンワイン&カフェレストランチェーン「サイゼリヤ」を知れば知るほど新しい発見があり、引き込まれていきます。

今回もまたグルメに詳しくなってしまいました。

調査するメニューは、「リグーリア風ミネストローネ(300円)」です。

グリーンソースがアクセント、野菜と豆を煮こんだ滋味深い味わいの食べるスープ(食事系スープ)です。

聞きなれない、よく知らない用語が複数出てきたため、”リグーリア””ミネストローネ””滋味”の意味を説明します。

”リグーリア”は、イタリア共和国北西部のリグリア州のことです。

”ミネストローネ”は、イタリアの野菜スープであり、使用する食材に決まりはなく「具だくさんのスープ」という意味です。

”滋味(じみ)”は、栄養があって、うまい味わいのことです。

”リグーリア風ミネストローネ”が運ばれてきました。

ペコリーノチーズ(羊の乳を原料としたチーズ)のクセのある香りがします。

白いんげん豆やレンズ豆、野菜などが煮込まれ、ペコリーノチーズとグリーンソースがかかっています。

グリーンソースは、ペストジェノベーゼ(過去記事)で使用されている香草バジル入りソースのことです。

熱々でとろりとした食べるスープを口に運ぶと、ほくっとした豆の食感で温かみがある美味しさです。

しっかり煮込まれて素材の旨味たっぷり、優しい味わいが身体に沁みます。

ペコリーノチーズ・グリーンソースの部分は、チーズのコクや香草バジルの風味がたまりません。

300円という安さで栄養のある美味しいスープを堪能し、食べるスープの良さを知ることができました。

気になる方は、次回「サイゼリヤ」を利用した際に注文してみましょう。

<【進撃のグルメ】の関連記事・動画・SNS>

【リグーリア風ミネストローネ】100日間サイゼリヤ生活【27日目】【季節限定スープ】(画像18枚)

シェア

いいね

コンテンツへの感想