タイトル画像

専門マスター

  • いいね

100日間サイゼリヤ生活で気づいたこと100個【前編・写真付き】

進撃のグルメ

グルメブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日、話題のグルメを紹介しています。

2021年3月11日から6月18日まで、100日間で「サイゼリヤ」の100種類のメニューを食べる『100日間サイゼリヤ生活』を実施しました。

企画を終え、気づいたことを100個まとめました。

前編では、1から33個目まで紹介します。

皆さんが「サイゼリヤ」を利用する際の参考になりましたら嬉しいです。

「※」付きの項目は、最後に写真を載せています。

1、とにかく安い

2、安すぎてお店が心配になる

3、安いため、気になるメニューを注文しやすい

4、複数のメニューを注文しても、想像以上に安くおさまっている

5、値段が50円単位で非常に計算しやすい

6、100日間で食べた101種類の合計金額は、42600円

7、ドリア&グラタンメニューが安いのはサイゼリヤだけ

8、オリジナル調味料が充実している

9、はじめて「フリウリ風フリコ」を食べるとおいしさに衝撃を受ける※

10、デザートは、アイスが特においしい

11、甘いデザートに苦味を合わせると旨さ倍増※

12、一部のデザートは、イタリア直輸入

13、クーポンなどがなく、いつでも気軽に利用できる

14、居酒屋としても利用可能

15、グラスワインが100円

16、ストロングゼロがある

17、「柔らか青豆の温サラダ」は、グリンピースが苦手な人でも大好物になり得る※

18、200円以下メニューを制する者はサイゼリヤを制す

19、焼きたてパンも堪能できる

20、ドレッシングが多めにかかっている

21、ドレッシングを少なめ、別皿ができる

22、注文用紙に記入するのを忘れて、呼び出しボタンを押してしまう

23、おいしい野菜でお腹を満たせる貴重なお店※

24、ファンとして期間限定メニューは見逃せない

25、高級部位リブロースのステーキがある※

26、ほとんどの料理に粉チーズをかけてしまう

27、ミル挽きブラックペッパーは風味だけでなく、食感も良い

28、ドリンクバーは昔からほどんど変わっていない

29、人気、定番だと思っていたメニューがメニュー改定で消える

30、アイスティラミスが恋しい

31、「ハヤシ&ターメリックライス」がなくなったのは悲しい※

32、圧倒的なボリュームの「キャベツのペペロンチーノ」も終了してしまった

33、グランドメニューの食事メニューは、約70種類もある

■写真■

チーズがよく伸び、なめらかなポテトの「フリウリ風フリコ(300円)」

甘味と苦味の組み合わせ「イタリアンジェラートのせコーヒーゼリー(350円)」

やわらかく甘い、最高グレードの小粒グリンピース”ベビーピー”に半熟玉子をのせた「柔らか青豆の温サラダ(200円)」

色鮮やかでボリュームのある「ガーデンサラダ(350円)」

脂身と赤身のバランスが良いステーキの王様、一枚肉リブロース「リブステーキ(1000円)」

2021年春のグランドメニュー改定で消えてしまった人気メニュー「ハヤシ&ターメリックライス(500円)」

<【進撃のグルメ】の関連記事・動画・SNS>

【必読】100日間サイゼリヤ生活を終えてわかったこと100個まとめました

シェア

いいね

コンテンツへの感想