タイトル画像

専門マスター

  • いいね

100日間サイゼリヤ生活で気づいたこと100個【中編・写真付き】

進撃のグルメ

グルメブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日、話題のグルメを紹介しています。

2021年3月11日から6月18日まで、100日間で「サイゼリヤ」の100種類のメニューを食べる『100日間サイゼリヤ生活』を実施しました。

企画を終え、気づいたことを100個まとめました。

中編では、34から67個目まで紹介します。

皆さんが「サイゼリヤ」を利用する際の参考になりましたら嬉しいです。

「※」付きの項目は、最後に写真を載せています。

34、グランドメニューのハンバーグは、牛肉100%

35、ランチメニューのハンバーグは、合い挽き

36、ランチメニューは、9種類の選べるメイン料理にサラダとスープがセットで500円

37、一部のランチメニューは、「ライス小盛(50円引き)」にでき、450円とさらに安くなる

38、ランチメニューのメイン料理は、グランドメニューにないものが揃っている※

39、ランチスープには粉チーズが合う

40、サラダは、スプーンで食べるパクパクサラダ

41、具だくさんの食べるスープがある

42、ミニフィセル(ミニフラスパン)に好みの料理をはさんでサクッと食べられる

43、定番は、「熟成ミラノサラミ」と「ミニフィセル」の組み合わせ

44、「熟成ミラノサラミ」を初めて見ると、薄さに驚く※

45、ミラノ風ドリアを食べると安心する

46、ミラノ風ドリアをアレンジして具材を加えると一層”おいしい”

47、半熟卵(50円)はダブルでトッピングするべき

48、「バッファローモッツァレラのピザ」を食べた第一印象は、ジューシー

49、ピザメニューは、Wチーズ(100円)にできる

50、チーズはよく伸び、もちっとした食感も楽しめる

51、基本的には、シンプルなメニューがおすすめ

52、全メニューの中で一番おいしいものは、「すっきりレモンのシャーベット」

53、2位は、裏メニュー『アイスフランスパン』※

54、3位は、裏メニュー『青豆のフリコ』

55、大人になってファミレス離れをしている人ほど利用してみて欲しい

56、大人になると、サイゼリヤの本当のありがたみがわかる

57、学生時代に好んでいたメニューと、今好きなメニューが違う

58、味、見た目、値段などで特に衝撃を受けるメニューは、期間限定の「スープ入り塩味ボンゴレ」※

59、他には、「チーズたっぷりミラノ風ドリア」

60、さらに、「デミグラスソースのハンバーグ」

61、チキンが食べたくなったら、サイゼの「辛味チキン」

62、「辛味チキン」は、身と骨を分けて、たっぷりの身を一気に食べると、この上ない※

63、豪快なチキンが食べたくなったら、サイゼの「骨付きももの辛味チキン」

64、「骨付きももの辛味チキン」のひと口目は手で持ってかぶりついて欲しい

65、チキンステーキと言ったら、サイゼリヤの「若鶏のディアボラ風」一択※

66、パスタ(アーリオ・オーリオ)をアレンジする場合は、パスタと絡んでフォークで一緒に食べられるものと合わせるべき

67、ラム肉を使用した料理は、冷めると他の料理に比べて味が落ちやすい

■写真■

ランチメニュー限定の「タラコとエビのドリア(500円)」

薄くて大きい「熟成ミラノサラミ(300円)」

「ミニフィセル(150円)」と「イタリアンジェラート(250円)」を合わせた裏メニュー『アイスフランスパン』

あさりがたっぷり入った期間限定メニュー「スープ入り塩味ボンゴレ(500円)」

身と骨を分けて、たっぷりの身を一気に食べる「辛味チキン(300円)」

じっくりと時間をかけて焼き上げた、こんがりジューシーな肉厚チキン「若鶏のディアボラ風(500円)」

<【進撃のグルメ】の関連記事・動画・SNS>

【必読】100日間サイゼリヤ生活を終えてわかったこと100個まとめました

シェア

いいね

コンテンツへの感想