タイトル画像

専門マスター

  • いいね

うなぎ2枚で贅沢 松屋「うな丼・ダブル」を注文してみた

進撃のグルメ

グルメブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日、話題のグルメを紹介しています。

2021年7月20日、松屋が「うな丼」を販売開始しました。

この夏復活販売する松屋の大人気メニュー「うな丼」は、すし松監修のふわふわとした肉厚のうなぎに、松屋特製うなぎダレをかけた、旨味が口いっぱいに広がる逸品です。

土用の丑の日は「う」のつく食材を食べると良いとされ、「う」のつく「うなぎ」と「牛(うし)」の最強タッグ「うなぎコンボ牛めし」も復活します。

メニューは、「うな丼(850円)」、「うな丼・ダブル(1390円)」、「うなぎコンボ牛めし(990円)」、「うなぎコンボ牛めし(1530円)」があります。

テイクアウト(持ち帰り)にも対応しています。

新発売を記念して、「うな丼関連」メニューを注文すると、2021年8月10日(火)午前10時まで、ライス大盛りを無料サービスしています。

引用元:松屋公式サイト
引用元:松屋公式サイト

引用元:松屋公式サイト
引用元:松屋公式サイト

早速店舗へ向かい、食券機で「うな丼・ダブル・ライス大盛り(1390円)」を注文します。

5分くらいで出来上がりました。

大盛りライスに厚みのあるうなぎが2枚のってシンプル、食欲をそそる見た目です。

みそ汁、キャベツお新香、山椒小袋付きです。

うなぎを食べると、とろっとふっくら香ばしく、うなぎの旨味をしっかり感じます。

甘めの特製ダレで松屋のこだわりが伝わってきます。

下側のうなぎも大きいです。

うなぎとご飯を合わせて食べごたえがあります。

2枚目は、山椒をたっぷりかけて食べます。

山椒がスーッとして、クセになるおいしさです。

「うな丼・ダブル」は、厚みのあるうなぎが2枚のって、うなぎをたっぷり堪能することができました。

気になりましたら、松屋で注文しましょう。

土用の丑の日(2021年7月28日)にもおすすめです。

<【進撃のグルメ】の関連記事・動画・SNS>

【松屋】うな丼・ダブル・ライス大盛りを世界一詳しく調査【土用の丑の日】(画像56枚)

シェア

いいね

コンテンツへの感想