タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ジョナサンの「うな丼」を実食 うなぎ2枚で贅沢だった

進撃のグルメ

グルメブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日、話題のグルメを紹介しています。

土用の丑の日(2021年7月28日)が近くなり、多くの飲食店がうなぎメニューを提供しています。

今回は、ジョナサンの『うな丼』を実食調査します。

メニューは、「うな丼(1429円)」、「うな丼 うなぎダブル(2089円)」があり、どちらもみそ汁・小鉢・山椒小袋付きです。

「うな丼 うなぎダブル(2089円)」を注文し、ご飯大盛り無料のため、大盛りにしました。

9分くらいで運ばれてきました。

うな丼・うなぎダブル・ご飯大盛りは、うなぎがたっぷりのってボリューム満点です。

カットされた細長い尻尾側の部分ものっているため、うなぎの量がかなり多いです。

どの角度から見ても魅力的です。

うなぎを食べると、肉厚で少し弾力があり、甘じょっぱいタレが食欲を刺激します。

うなぎたっぷりのため、贅沢に1枚をうなぎだけで食べすすめてしまいました。

まだまだ量があります。

尻尾側の部分は、噛みごたえがあり、素材の旨味を感じます。

後半は、うなぎに山椒をかけて食べます。

風味豊かでよく合い、クセになるおいしさです。

「うな丼 うなぎダブル」は、うなぎたっぷり、ボリューム満点で贅沢なうな丼でした。

土用の丑の日にもおすすめです。

<【進撃のグルメ】の関連記事・動画・SNS>

ジョナサンで「うな丼 うなぎダブル」を世界一詳しく調査【土用の丑の日】(画像58枚)

シェア

いいね

コンテンツへの感想