How to

  • いいね

簡単!子ども喜ぶ【お月見メニュー】もちもち食感♪うさぎとかぼちゃのミルク団子

白井ありさ

ビジュアルフードクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年9月21日は十五夜(お月見)です。
十五夜とは、1年で最も美しいとされている満月を鑑賞しながら、収穫などに感謝をする行事です。お月見では満月に見立てたお月見団子を供えて作物の収穫に感謝し、これから実るものに対しては豊作を祈願します。
今回は、そんなお月見にぴったりなお団子レシピ「うさぎとかぼちゃのミルク団子」をご紹介します。白玉粉に砂糖と牛乳を加えてミルク団子を作ります。更にかぼちゃを加えて黄色くしたお団子は、満月をイメージ。白いミルク団子には、かぼちゃの種とピンクペッパーでウサギの顔を作りました。着色料を使わずあえてこの2つを使用したのがポイント♪
なお、このうさぎの目の部分となるピンクペッパー、意外ですがあんことの相性が良いんです。甘いあんこにほんのりスパイシーな組み合わせがなんともおしゃれ♪ ですが、小さなお子様様にはピンクペッパーではなく黒ごまなどに変えてあげると良さそうです。食べる相手に合わせて、うさぎの顔のパーツ具材を工夫してみてくださいね。
なかなか年中行事を意識して行事を愉しむことも少なくなってきましたが、年中行事を意識すると季節の移り変わりを感じることが出来、豊かな時間を過ごすことができます。この機会にぜひ、お月見も楽しんでみてください。

【材料】2人前
かぼちゃ(皮付き) 70g
白玉粉 100g
牛乳 80g
砂糖 10g
かぼちゃの種 8粒
ピンクペッパー 8粒
あんこ(缶) 1個 約160g

【作り方】
①かぼちゃを水に潜らせてラップに包み、600wのレンジで1分加熱する
 皮は取り除き、よく潰す
②ボウルに白玉粉・牛乳・砂糖を合わせてよく混ぜる
③②の生地を2等分にし、片方に①の潰したかぼちゃを合わせる
④白い生地は4つに、かぼちゃの生地は6つにそれぞれ丸める
 白い生地には、かぼちゃの種とピンクペッパーを埋め込み、うさぎの顔になるように形成する
⑤鍋にお湯を沸かし、白玉を茹でる
 白玉が浮かんできてから更に1分茹で、氷水に取る
⑥器にあんこ、白玉の順に盛り付ける

【ポイント】
・着色料を使わない!かぼちゃの種とピンクペッパーでうさぎの顔を演出
・②のとき、粉っぽさが無くなるまでしっかり混ぜる

レシピ考案:白井ありさ ★Instagramでもレシピ更新中!
ぜひフォローしてね(^○^) https://www.instagram.com/arigohan

■参考情報/Yahoo!ショッピング
《お菓子だけでなく料理にも使える!大容量の国産白玉粉》
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gfcqmc7n?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products
《和菓子にぴったり!和のお盆》
https://store.shopping.yahoo.co.jp/setomono-honpo/wis-1-81-18.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title&ea=01《スタイリッシュ!モダンなイワタニのカセットコンロ》
https://shopping.yahoo.co.jp/products/63e4da4aab?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

シェア

いいね

コンテンツへの感想