トレンド/カルチャー

【ドイツ・ベルリン】クラインガルテンという、余暇を過ごしたい場所。

白梟

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ベルリンにはKleingarten(クラインガルテン)という貸し農園があります。

この農園、じつはさまざまな楽しみ方があるのです。

クラインガルテンとはドイツ語で「小さな庭」を意味し、市民が農業を楽しむ畑(庭)の賃貸システムのことを指します。

都市のグリーン計画と市民が農園を楽しむために誕生しました。

ベルリンの街では、電車の高架下などに小屋と緑に囲まれた広い空間をよく見ることができます。

普段は塀の中まで見せてもらえる機会はないのですが、ベルリン在住の松永明子さんのお庭に招待していただきました。

クラインガルテンを借りるには、運営協会に会員登録することに始まり、敷地全体の2 / 3は休養地と余暇用の場所、残りの1 / 3に植物・野菜を植えるなどのさまざまな利用条件があります。

利用者は庭としてつかったり、サマーハウスのように余暇を過ごす場所として使う人もいるそうです。

実は借りている人だけではなく誰でも自然を楽しめるように、塀の高さが決まっています。

松永さんが以前にニュージーランドに滞在した経験から、自然と触れ合う暮らしを実現するためにクラインガルテンを借りることにしたそうです。

庭にはラベンダーなどのハーブやリンゴの木が植わっており、中央には農具用器具やテーブル、椅子を収納できる小屋が建っています。

敷地の奥には自家栽培するジャガイモやトマト、ズッキーニ、ルッコラやルバーブが育っていました。

手づくりのコンポストがあるので、刈った雑草も土に還すことができます。

新鮮な野菜を食べたい。自然と暮らしたい。
そんな願いを叶えてくれるクラインガルテン。

農園としてだけではなくサマーハウスや、庭園としての顔があります。

ぜひベルリンに来た際は個性あふれる庭をのぞいてみてくださいね。

【教えていただいた方 / 松永明子さん】
ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー
http://berlinhomestay.blog.fc2.com

企画 / 荻原ゆか
文・映像 / 小松﨑拓郎
編集 / 飯塚あさみ

Music / Aspen Grove
https://icons8.com/music/author/aspen-grove
from Fugue
https://icons8.com/music/

…続きを読む