トレンド/カルチャー

コペンハーゲンにある日用品のお店「Ecoego」に行ったら、消費の未来を考えさせられた

白梟

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

デンマークの首都コペンハーゲンで、20-30代の男女が、途切れることなく来店するお店。

「Ecoego」は、自然や健康に配慮したオーガニック・ビーガン商品、公正な生産背景のフェアトレード製品を取り扱う生活用品店。

「Green living made easy 」持続可能な買い物をしやすくするという理念を掲げています。

創業者は、Bryan Traum / ブライアン・トラウムさん。

「Ecoegoでの私たちの哲学は、消費するものはすべて可能な限り責任を持つべきだというものです。 そのため、持続可能な自然素材、リサイクルまたはアップサイクル、省エネなど、環境に優しい有機物でなければならず、すべてが倫理的な責任ある労働条件と生産のもとでおこなわれるべきです。私たちは理論ではなく、実際に役立つことを試みます。消費の量をいくらか減らすことを望みますが、そうならないにしても、消費する際に責任があります」

【お店の情報】
Ecoego
住所 Nørre Farimagsgade 82, 1364 København, デンマーク
電話 +45 32 12 06 12
公式サイト ecoego.dk


企画:荻原ゆか
撮影:小松﨑拓郎
編集:飯塚あさみ
音声:Aspen Grove
https://icons8.com/music/author/aspen-grove
from Fugue
https://icons8.com/music/

…続きを読む