トレンド/カルチャー

【ヨーロッパの生活】移住・留学前に知っておきたい。日本とドイツの住宅の違いとは?

白梟

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2018年末からドイツの首都ベルリンで妻と暮らしています。

今回はドイツの住宅事情を紹介します!

我が家は1DK。第二次世界大戦後に建てられたドイツの家はノイバウと呼ばれています。

日本人向けの家具付きの住まいに入居しています。

洗濯機はキッチンに置かれ、作業台として使うことが多いです。

家を借りる際にキッチンは備え付けではありません。

オーブンはどの家にも必ずあります。

逆に電子レンジはドイツの家庭で使うことが少ないです。

寒い日の朝はセントラルヒーティングが設置されています。

賃貸でも壁に穴あけたり壁に入れたりするのはOK。

絵画はアーティストであるオーナーが描いたものです。

【ドイツと日本との住宅違いまとめ】
・キッチンに洗濯機
・キッチンは自分で設置する
・オープンは必ずある、レンジはない
・壁は色を塗ったり、穴を開けるのもOK


企画:荻原ゆか
撮影:小松﨑拓郎
編集:飯塚あさみ
音声:Aspen Grove
https://icons8.com/music/author/aspen-grove
from Fugue
https://icons8.com/music/

…続きを読む