トレンド/カルチャー

【ドイツ・ベルリンの暮らし】ホームスパの必需品!自宅でスパ気分を快適にするバステーブルのつくり方

白梟

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

バステーブルの作り方を紹介します。

タブレットやスマートフォン、読書家、本、キャンドル、ワイングラスなどを置いて、お風呂を贅沢にスパ気分にするための必需品がバステーブル。お風呂好きの方には必見のアイテムで、バスルームをスパにしながら、時間をかけずに作ることができる

【材料】
・180mm x 900mm程度の天板
・40mm x 700mmの棒状の板
・120mm × 250mmの板の板
・木工用ボンド
・のこぎり
・紙やすり
・蜜蝋

【作り方】

1.バスタブの横の長さを測る

2.バスタブの横の長さが680mmなので、天板を180縦mm、横680mmにカットする
角がギザギザになっているのでやすりで整える

3.スマートフォンのスタンドを作りたいので、棒状の板を横 70mmにカットし、それを5つ作る

4.70mmの棒状の板にやすりをかけたら、4つを重ねあわせてボンドで装着する

5.棒状の木1つと重ね合わせた板を間を30mm空けて配置して天板の中央に装着する
※傾斜の度合いはあくまでも提案なので、好みに応じて調整してください

6.縦120mm×横250mmのサイズになるよう木板をカットし、やすりをかけて整える。
スマートフォンの背もたれになる板を置くとより安定します

7.蜜蝋を塗る

リラクゼーションは外で体験するものが多いですが、自宅だからこそパーソナルスペースをもてます。

サウナや温泉で手持ち無沙汰になることも
幼いころからお風呂で本や雑誌を読むのが好きなので
入浴中にリラックスしながら好きなことをできる空間をつくってみました

今回のバステーブルは構造がシンプルなので、作るのが簡単です。

こんなふうに簡単なモノでも作ってみることは、
生活する力を養い、生活ってたのしい!と気づかせてくれますよ。


企画:荻原ゆか
撮影:小松﨑拓郎
編集:飯塚あさみ
音声:Aspen Grove
https://icons8.com/music/author/aspen-grove
from Fugue
https://icons8.com/music/

…続きを読む