1万円以下で古民家に宿泊!築100年の古民家再生ゲストハウス「はる家 ならまち」がすごい | 奈良県

小松崎拓郎(タクロコマ)

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!ナチュラルで持続可能な暮らしを紹介する白梟の小松崎です。

せっかく旅行に来たならば、ビジネスホテルでは味気ない。
(ビジネスホテルも便利で快適でよくお世話になってます。笑)
その土地の文化や歴史を体感できるような宿に泊まってみたくはないですか?
できればサスティナブルな取り組みに力を入れていたり、アップサイクルの考え方でつくられた宿だとなお嬉しい…!

今回ご紹介したいのは、築100年の古民家を再生してゲストハウスに大変身した奈良県奈良町にある「はる家 ならまち」。
JR奈良駅から徒歩15分のところにあるゲストハウスです。

およそ100年前に庄屋さんの家として建てられた歴史的建造物を、今もなお現存の形は保ちつつ、ゲストハウスとして過ごしやすく再生。
間取りも100年前のまま!当時どんな暮らしをしていたのか思いを膨らませるととても楽しいです。
通り庭、おくどさん、飾り障子、違い棚など古民家のよさを、目で見て触れて体感することができます。

特に窓がある部屋からみえる坪庭は、石と緑と水と日本の庭の良さを感じることができる見所ポイントです。
朝窓をあけるといっぱいの緑が見えて、癒し効果抜群です!
お庭を散歩することもできますよ。

各部屋、冬にはこたつが置いてあり、ほっと一息できる古民家宿泊ができます。

また周辺にはブルーノタウトも訪れという「十輪院」があり、朝のお勤めをすることができます。
奈良の数々の寺院へもバスなどを使いアクセスもしやすく、
朝からめいいっぱい奈良観光を楽しめる場所です!

また神道、日本の歴史、寺院などにまつわる資料や本もたくさん施設内に置いてあり、
宿泊したら読むことができます。
身体を休めている間に本で知識をインプットし、次の日お寺を巡るとまた深い視点で物事をみることができ、楽しさも倍増です!

「はる家 ならまち」なんと、ほとんどのお部屋1万円以下で宿泊できます!(シーズンによっては変動あり)
僕もまた奈良を訪れた際には、利用したいと思えるゲストハウスです。

■ どこにあるの?
舞台は、奈良県奈良町。
昔ながらのアーケード商店街や、古い街並みにカフェや雑貨店が立ち並ぶ散歩するだけで楽しめるエリアです。
江戸時代から明治時代にかけての町屋も多く、一般閲覧できる場所も多くある。

■ はる家 ならまち
閑静な住宅地を歩いていると、木造の由緒ある門構えの住居が佇んでいます。
「はる家 ならまち」の特徴は、およそ100年前に建てられた日本の歴史建築に泊まることができること。
古いガラス戸、漆喰の壁、かまど…といった町家の趣きを残しています。
歴史を遡ると、この建物では元庄屋さんの家であり、泊まる部屋は、当時の庄屋さんや従業員が生活した場所なのだそうです。

ゲストハウスなので、トイレやシャワーは共同です。トイレもシャワーもとてもきれいで清潔なので安心!
また古い建物なので、少し足音や隣の部屋の声が聞こえるようです。

住所
〒630-8342 奈良県奈良市南袋町31−4

公式サイト
https://yado-haruya.com/naramachi

今後も、日常生活の中で気軽にできるナチュラルで持続可能な営みを紹介していきます。

お楽しみに。それではー!

音楽:https://www.epidemicsound.com/

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る