自然の力を借りて生活できる循環の家がすごい!これからの自然派暮らしは雨水・太陽光・国産の木材を活用

小松崎拓郎(タクロコマ)

編集者・フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!

ナチュラルで持続可能な暮らしを紹介する白梟の小松崎です。

今回はエネルギーを自給し、環境への負荷を小さくする暮らしができる「循環の家」を紹介します!

僕が感じた「循環の家」の魅力はこちら。

1.選び抜いた良質な国産の木材
2.太陽光をエネルギーに変換
3.雨水を再利用
4.自然とつながる設計
5.生活用水を濾過
6.里山の樹木を生かし熱エネルギーに

1.選び抜いた良質な国産の木材

無垢の樹木は、温かみのある雰囲気に経年変化していきます。
無添加の木材なのでシックハウス症候群で悩む人にもよいそう。

国産の木材を選ぶと、森にも還元していくことができます。

材木を使うことで森に光が入り、実のなる植物が育つ。すると植物を住まいや餌とする虫が住みやすくなる。虫がいると、それを食べる動物たちが住みやすい環境になる。こうして生物多様性が育まれていくそうです。

人にやさしいことは、大地にもやさしいんですね。

2.太陽光をエネルギーに変換

太陽光を集めてエネルギー化し、お風呂やキッチンのお湯を沸かすことができます。

なおかつ、太陽光パネルで変換した電気を蓄電池にためることで、電気の自給も可能。

リビングや在宅ワーク時の電源になるそうです。

3.雨水を再利用

循環する家には雨水タンクがあり、雨水を地下に集めることができます。

貯めた雨水は畑の水やりやとれたての野菜を洗ったり、洗車したりすることに使えます。

4.自然とつながる設計
室内で過ごしてみると感じられるのは、光や風がはいる空間だということ。

たとえば洗面所の鏡をスライドするとその向こう側は吹き抜けの空間になっていて、自然光が入ります。

ガラス戸の先に田園風景が見え、遠くまで見渡せるから開放的。

窓を開ければ、風がよく通って心地よかったですよ。

5.生活用水を濾過
循環する家には庭に自然浄水路があり、生活排水を濾過して流すこともできます。

6.里山の樹木を生かし熱エネルギーに
熱ボイラーは庭の整備で出た小枝や枯れ草、竹をゴミではなくエネルギーに変えられます。

そのほかにも、生ゴミを畑を育てる肥やしにするミミズコンポストがあれば、畑で収穫した野菜たちをおいしく調理できるかまどやピザ窯もあります。

採れた野菜を食べるところまで楽しめるのは嬉しいですね。

総じて、「循環の家」は、家の素材はもちろん、庭で水・エネルギー・生物(食)が循環する小さな地球。

エネルギーの自給や環境負荷をちいさな暮らしに興味があるときに要チェックですよ!

今後も、日常生活の中で気軽にできるナチュラルで持続可能な営みを紹介していきます。

お楽しみに。それではー!

音楽:https://www.epidemicsound.com/

■「循環の家」 八ヶ岳について

所 在 地:長野県諏訪郡原村17217-408
定 休 日:毎週水曜日、第2・第4木曜日
(年末年始、夏季休業あり)
営業時間:午前9時〜午後5時
電話番号:0266-74-1077

シェア

いいね

コンテンツへの感想