タイトル画像

How to

  • いいね

楽天ポイント利息サービスが開始。ポイントを預けておくだけでポイントが増える

しょうこちゃん

ポイント投資家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

楽天が「楽天ポイント利息」というサービスを2021年10月18日に開始をしました。こちらは楽天ポイントを100P単位で預けることが可能で、こちらの預けられたポイントは月末時点の残高に対して0.009%分がポイントとして付与されるという仕組みになっています。

※本サービス(楽天ポイント利息)は金融サービスではございません。

楽天ポイントはすでに「楽天ポイント運用(投資信託で疑似運用できる)」や「ポイントビットコイン by 楽天PointClub(仮想通貨に疑似運用できる)」といったサービスが展開されておりますが、楽天ポイント利息はこうした運用系の中でもリスクなく利用できるようになっています。

外部リンク:楽天ポイント運用の活用方法、仕組みと運用のコツ
外部リンク:暗号資産投資に疑似投資、ポイントビットコイン by 楽天PointClub

楽天ポイント利息サービスの概要と活用のコツ

公式サイト(外部リンク):楽天ポイント利息

仕組みとしては、月末までに預けたポイントに対して翌月5日に利息が付きます。年率換算では0.108%となっていますが、実際は単利計算され毎月0.009%分が付与されるようになっています。

この0.009%という数字、おおよそですが12000P以上を月末に預けていれば1.08ポイント(1P)が付与されます。ちなみに、小数点以下の端数も計算されるようで合計1P以上になったときに付与されるようなので小額でも安心できます。

とはいえ、仮に1000Pを預けても1年間に受け取ることができるポイントは1Pというわけで、1年間預ける価値がどこまであるか?と言われると少し微妙に思うところもあります。

利用可能なポイントは何?

通常ポイントのみです。期間限定ポイントや他社から交換したポイントは利用不可。このルールは楽天ポイントを利用した運用サービスでは共通の仕様のようですね。ポイント運用や仮想通貨運用でも同じルールとなっています。

ポイント利息への出し入れルール、タイミング

1回あたり3万ポイントまで(ただし、ダイヤモンド会員は50万ポイントまで)。追加は100ポイント単位で引き出しは1ポイント単位で可能となっています。また、出し入れは即時可能です。ただし、1日の追加と引出は合計で10回までです。普通に考えて上限を気にする必要はないと思いますが。

楽天ポイント利息で損をする可能性はある?

ありません。銀行預金と同じように預けた金額(ポイント)が戻ってきます。運用によって損をするといったリスクはありません。ただし、銀行預金のように法的な保護があるわけではないため、たとえば楽天グループが破綻するなどした場合にポイントの価値は保護されません。

ポイント利息の計算はいつ行われる?

毎月末日23時59分59秒時点の利息中ポイントを元本として行われます。ですので、月末にポイント利息サービスに追加して、それ以外のタイミングは「楽天ポイント運用」などの他の運用サービスに入れておくという手があります。

言い換えると、月の途中でいくらポイントを預けたとしてもポイント利息の計算対象にはなりませんので、注意したいところです。言い換えると、月の途中でいくらポイントを預けたとしてもポイント利息の計算対象にはなりませんので、注意したいところです。

楽天ポイントを「ためておきたい人」にとってはよいかもしれない

このように、楽天ポイント利息は正直、微妙です。

前述の通り、少額のポイントだとほとんどゼロに近いポイントしかつかないので、あえてその「手間」をかける必要があるかは一度考えておく必要があると思います。

数万、数十万というように楽天ポイントを貯めている人にとってはよいかもしれません。ただし、楽天ポイント自体は楽天カードを持っている人であれば実質的に現金化が可能です。

外部リンク: 楽天ポイントは楽天カードの利用代金に充当するのがお得な理由

とすればあえて楽天ポイントとして貯めておく必要というのは薄いと言わざるを得ないでしょう。ただし、何らかの理由で楽天ポイントを消費せずに「ためておきたい」というニーズがある人にはポイントを減らさずに貯蔵しておけるわけですから魅力があるといえるかもしれません。

あまり楽天ポイントで実施されるケースは多くないのですが、楽天ポイントを使って○○すると××キャンペーンのようなイベントですね。

たとえば、2021年4月12日~5月17日に実施されたイベントで、。楽天ポイントを使って暗号資産を購入するとポイント交換利用額の10%分のポイントが戻ってくるというキャンペーンが実施されました。

こうしたキャンペーンに備えておきたいというのであれば利用価値があると思います。
ただし、楽天ポイントでこうしたキャンペーンはこれまでもあまり実施されてきたことはないので過度の期待は禁物です。

ポイントの現金化が進む

楽天ポイントに限らず、最近はポイントがまるで通貨のように使われるようになってきていますね。私のようにポイントを使って投資や運用をしている人間からすれば、非常にありがたい状況です。

その一方で、この境界があまりにもあいまいになると、それはそれで、消費者保護の問題や税金の問題なども生じることになります。

ポイントというのはあくまでも一企業のサービスなので、ルールの変更は運営サイド側で一撃で行うことができます。たとえば、ポイントの価値を半減するといったこともできるわけです(ルール上は)。

外部リンク: ポイント大量保有者が注意したい、ポイントを資産として持つリスクとその対策

ポイントサービスを活用すれば得できることは間違いないですが、上記の外部リンク先でも紹介しているように、ポイントを沢山持っている人は上記のようなリスクも考えておくべきかと思います。

シェア

いいね

コンテンツへの感想