タイトル画像

How to

  • いいね

口といっても侮るなかれ!ポイントは2つ!かっこいい<口>の書き方

春佳

書道家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!書道家の近藤はるか(春佳)です。

今日は<口>です!

口ってただの四角じゃん!簡単じゃん!って思う方もいらっしゃるかもしれません。教室や学校で教えていると形はバラバラ、たまに一画で書いてしまう強者もいます。

でもやっぱり書くからには綺麗な字の方がいいですよね!

口のポイントはたった2つです!

ポイント

①縦画は内側へ

②一画目の縦、三画目の横をちょっとだけ出す

この2つをおさえるでけで「口」が断然変わります!ぜひ参考に書いてみてください。

※「日」や「目」はまた違ってきます。今後の記事を楽しみに〜

行書

行書は連続して書く速書きに適した書体です。なので「口」についても二、三画目を連続させます。ちょっと膨らんだ「Z」をイメージですね!

動画でチェック

ぜひ書いてみてください。

また次回もお楽しみに。

使用道具

万年筆・・・パイロット kakuno

紙・・・神戸派計画 グラフィーロ

(参考/ Yahoo!ショッピング)

シェア

いいね

コンテンツへの感想