タイトル画像

海賊のロボットだけど、どこか可愛い!?最新ガンダム映画のやられメカ

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、絶賛上映中の最新ガンダム映画「ガンダム Gのレコンギスタ」より、HGRG版の「グリモア」をご紹介します。

※ HGRG:High Grade Reconguista in G

HGRG 1/144 GH-001 グリモア
定価 ¥1,540(税込)
2014年10月25日 発売

Gのレコンギスタ(通称Gレコ)は、ガンダムの原作者である富野由悠季監督自身が総監督・脚本を手がけた作品で、劇場版はそれを再編集したものとなります。

グリモアは本作の主人公「ベルリ・ゼナム」が、劇中でお世話になる海賊部隊の主力量産ロボ(モビルスーツ)です。

汎用性が高く、ポジション的には「やられメカ」ですが結構活躍します。

■全体像

劇中では「坊主頭」などと呼ばれることもありますが、ずんぐりした体形に一見ミスマッチな白いアタマが、ウサギのように見えなくもない、妙にかわいげのある機体です。

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。

設定上の頭頂高は、グリモアが16.5m、ガンダムが18.0mなので、縮尺的に違和感はありません。

■パーツ構成

成形品が8枚に、ポリキャップ、シール、といった内容。

クリアパーツは「UV発光素材」で、ブラックライトに反応して光ります

大きな写真は以下をご参照ください。
HGRG グリモア [GH-001] 02(当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • サブマシンガン
  • ビームワイヤー x 2
  • シールド
  • プラズマナイフ
  • ハンドパーツ
  •  握り手  [左右]
     平手   [左]

サブマシンガン

標準の握り手で保持可能です。

先端には「ビームワイヤー」を接続できます。

「ビームワイヤー」は同じものが2本付属。
ゆっくり力を加えると好きな形状に曲げれます。

シールド

裏側には「コの字型のジョイント」が、回転軸でつながっています。

装備の際はジョイントを介して前腕に装着。

ジョイントとの接続位置は、二カ所から選べる仕様です。

プラズマナイフ

標準の握り手に持たせられます。

使わない時はリアアーマーの裏側への収納も可能。
ただ、カナリ出し入れしづらいです…。

■まとめ

  • どこか愛らしい癒やし系ロボ?
  • ひととおりの装備が付属していて結構遊べます。
  • 組み立てかんたん!初心者さんにもオススメです。
  • クリアパーツはブラックライトで光ります。

以上、HGRG版「グリモア」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想