タイトル画像

ガチムチなのに機敏!プロポーション抜群な軍用ロボ

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、ガンプラではありませんが、「機動警察パトレイバー」より、久しぶりに再販された「ブロッケン」のプラモデルをご紹介します。

「機動警察パトレイバー」は、作業機械「レイバー」が活躍する近未来、警視庁に新設されたレイバー部隊「特車二課」の活躍を描いた作品です。

機動警察パトレイバー 1/60 TYPE-7B/2B TYPE-7「ブロッケンレイバー」
定価 ¥1,430(税込)
????年??月??日 発売(不明…おそらく1989年頃だったかと…?)

劇中組織、SEE(シャフト・エンタープライズ・ヨーロッパ)が開発した軍用機。
NATOドイツ陸軍などで使用されており、装甲が厚いうえ機動力も高く西側最強と言われています。

役まわり的に悪役イメージが強い当機ですが、別に悪いロボットというわけではありません。
作品によっては、本作の主人公「泉 野明(いずみ のあ)」が乗るイングラムと、共に戦ったこともあります。

ブロッケンは複数の媒体に登場していますが、今回のキットはTV版のブロッケンになります。(ほかOVA版コミック版などあり)

■全体像

素組み状態です。(付属のシールも未使用)

もともとシンプルなカラーリングなので、これで完成と言われてもそれほど違和感はありません。
また、先日のイングラムもそうですが、プロポーションが非常に良いです。

グレーの関節部分は「ラバーパーツ」(天然ゴム製)になります。

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。

ちょっと大きいですが、おおよそガンプラのHGサイズです。(MGとまではいきません)

■パーツ構成

成形品が3枚に、ポリキャップ、ビニールチューブ、ラバーパーツ、マーキングシール、といった内容です。

組み立て自体は難しくありませんが、ラバーパーツは穴あけ加工が必要ですので、ご注意ください。
(先の細いハサミなどで切ると良いです)

大きな写真は以下をご参照ください。
パトレイバー 1/60 TYPE-7「ブロッケンレイバー」 [TYPE-7B/2B] 3(当方のブログです)

マーキングシールは所属を選べるように複数のマークが付属しています。

■付属品

本体以外の付属品は次のとおりです。

  • 40mm速射機関砲
  • 105mmカノン砲
  • カノン砲用ケーブル
  • ハンドパーツ
     平手    [左右]
     握り手   [左]
     機関砲用  [右]
     カノン砲用 [右]

40mm速射機関砲

専用のハンドパーツがグリップを握った状態になっています。

ハンドパーツごと交換するかたちで右手に保持可能です。

105mmカノン砲

これも専用のハンドパーツがグリップを握った状態になっています。

上部にはスイングできるフォアグリップがあり、

利用時は、左の握り手でそれを保持し、両手で構えます。

またこの際、ケーブルでブロッケン本体と接続しますが、このケーブルがとても短く、取り回しは絶望的に良くありません。

■まとめ

  • 1/60スケールのTV版ブロッケンになります。
  • ガチムチ体形でプロポーション抜群。
  • カノン砲のケーブルは異常に短いので注意。
  • 組み立てかんたん!接着剤も不要!
  • ラバーパーツは穴あけ加工が必要です。

以上、機動警察パトレイバー 「ブロッケン」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

つくってみた [ブロッケン 機動警察パトレイバー]

シェア

いいね

コンテンツへの感想