タイトル画像

【最終形態】ポロリがひどい…でも見た目はサイコーな主役ロボ!

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、親、子、孫、3世代に渡るストーリーを描いたガンダム作品「機動戦士ガンダムAGE」より、HGGA版の「ガンガムAGE-FX」をご紹介します。

一般販売なので、最寄りのプラモデルお取扱店でお買い求めいただけます。

ネットでは転売が横行しております。
購入価格には十分ご注意ください。

※ HGGA:High Grade Gundam Age

HGGA 1/144 AGE-FX ガンガムAGE-FX
定価 ¥1,760(税込)
2012年08月25日 発売(一般販売)

第4部の主役機にして「ガンダムAGEシリーズ」の最終形態。
第1部の主役「フリット・アスノ」の孫、「キオ・アスノ」が搭乗します。

■全体像

カラーリングは、ガンダム伝統のトリコロールではありませんが、スマートかつヒロイックなデザインです。

全身に配置された「Cファンネル(緑色のクリアパーツ)」がカッコいいですね!
(ただこのCファンネルは非常に外れやすいです…)

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。
設定上の全高は、AGE-FXが18.5m、ガンダムが18.0mなので、縮尺的に違和感はありません。

■パーツ構成

成形品が6枚に、ポリキャップ、シール、といった内容。
シールは枚数が多くて、ちょっと大変です。

大きな写真は以下をご参照ください。
HGGA ガンガムAGE-FX [AGE-FX] 27(当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • スタングルライフル
  • ダイダルバズーカ用パーツ
  • 台座
  • ファンネル用アーム
  • ハンドパーツ
     握り手(穴あり) [左右]
     握り手(穴なし) [左右]
     平手       [左]

スタングルライフル

標準の握り手で保持できます。(グリップは前後にスイング可能)

チャージモード
チャージモード

バレルは展開するとチャージモードに変形。
可動部はプラ関節なので摩耗が心配です。
というか既に緩くなってます…(´;ω;`)ウゥゥ

フォアグリップを引き出すと両手持ちにも対応。
ですが、可動範囲に問題があるのと、二の腕が抜けやすいので、非常に構えづらいです。

ダイダルバズーカ
ダイダルバズーカ

専用パーツを増設すれば最大出力形態「ダイダルバズーカ」にもなります。

台座

アームの付け根に回転軸がある3mm軸のスタンドです。

利用の際は、本体の股下「目隠しパーツ」の奥にある3mm穴に接続します。

アームの長さは固定なので、基本的に浮遊状態でのディスプレイです。

ファンネル用アーム

「Cファンネル」を射出状態でディスプレイするためのアームです。

これにはAGE-FX本体から分離した「Cファンネル」を円形に配置でき、先の台座と組み合わせてディスプレイ可能です。

アームの首部分は4段階に角度を変更できます

ハンドパーツ

標準の握り手のほか、穴の無い握り手が一組に、左の平手が付属します。

■ギミック

コアファイター

コアファイターは背中から分離でき、

機首を上げることで飛行形態に変形します。

底面には3mm穴があるので、台座を利用したディスプレイも可能です。

■まとめ

  • Cファンネルは本体から分離して円形にディスプレイできます!
  • Cファンネルと二の腕のポロリがひどいです…。
  • コアファイターは、分離、合体、変形が可能!
  • 組み立ては難しくありませんが、シールが多めです。
  • 全体的にはカナリの良キット!万人にオススメできます!

以上、HGGA版「ガンガムAGE-FX」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

ガンプラつくってみた [ガンガムAGE-FX HGGA 27]

初心者さんのファーストガンプラにオススメ!(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想