タイトル画像

素手でさわると指紋だらけに…全身金メッキのド派手なガンプラ!

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、「機動戦士ガンダムSEED」の続編として、2004年に放送された「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」より、HGGS版の「シラヌイアカツキガンダム」をご紹介します。

一般販売なので、最寄りのプラモデルお取扱店でお買い求めいただけます。

※ HGGS:High Grade Gundam Seed

HGGS 1/144 ORB-01 シラヌイアカツキガンダム
定価 ¥2,640(税込)
2006年01月28日 発売(一般販売)

アカツキガンダムは、劇中の国家「オーブ」の代表が、愛娘の「カガリ・ユラ・アスハ」に遺したロボット(モビルスーツ)です。
ストライカーパックと呼ばれるオプション装備を装着でき、宇宙戦闘用のパック「シラヌイ」を装着した状態が、当キット「シラヌイアカツキガンダム」となります。

■全体像

全身金メッキの超ド派手な外観です。
素手で触ると指紋だらけになってしまうので、気になるかたは手袋をはきましょう (^ ^;)

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。
設定上の全高は、アカツキが18.74mで、ガンダムが18.0mですが、製品では逆転してますね。

■パーツ構成

成形品が6枚に、ポリキャップ、シール、ガンダムデカール、といった内容。

大きな写真は以下をご参照ください。
HGGS シラヌイアカツキガンダム [ORB-01] 38(当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • ビームライフル
  • 試製71式防盾
  • ビームサーベル
    連結状態
    分離状態
  • ビームエフェクト
     大    x 2
     小    x 2
     サーベル x 2
  • ハンドパーツ
  •  握り手  [左右]

ビームライフル

固定モデルで可動箇所はありません

標準の握り手で保持できます。

サイドアーマーへのマウントも可能です。

試製71式防盾

裏側に回転できるダボが設けられています。

装備の際は、それを利用して前腕のハードポイントに装着可能です。

ビームサーベル

サイドアーマー(左)にマウントされており、複数の利用形態をとることができます。

グリップの両端にビームエフェクトを接続すれば「通常の使用状態」に、

ビームライフルの先端に接続すれば「銃剣」に、

更に、別に付属する分離状態のグリップを使えば「二刀流」での運用が可能です。

■ギミック

宇宙戦闘装備「シラヌイ」

ポリキャップで背中に接続されています。
かんたんに着脱可能です。

ストライクガンダムのエールストライカーを装備した場合
ストライクガンダムのエールストライカーを装備した場合

同シリーズのストライカーパックとは互換性があるので、物理的干渉が無ければ、ほかのパックも流用できます。

シラヌイには「ドラグーン」と呼ばれる、遠隔操作可能なビーム砲が、合計7基搭載搭載されていますが、これらはすべて着脱可能です。

上の4基に関しては、付属のエフェクトを間に挟む事で「射出状態」を再現できます。

また、シラヌイをご覧のように動かすと「砲撃姿勢」をとることも可能です。

■まとめ

  • 2006年発売の、ちょっと古いキットです。
  • ボディには金メッキが施されています。
  • ビームサーベルのモードチェンジは、別パーツでの対応です。
  • 同シリーズのストライカーパックと互換性があります。

以上、HGGS版「シラヌイアカツキガンダム」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

ガンプラつくってみた [シラヌイアカツキガンダム HGGS 38]

初心者さんのファーストガンプラにオススメ!(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想