タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【悲報】ライフルが持てません… カブトムシみたいな変形ロボ

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、一年戦争から7年後の宇宙世紀0087年を描いた続編「機動戦士Ζガンダム」より、HGUC版の「ガブスレイ」をご紹介します。

※ HGUC:High Grade Universal Century

HGUC 1/144 RX-110 ガブスレイ
定価 ¥1,760(税込)
2005年12月 発売

一般販売なので、最寄りのプラモデルお取扱店でお買い求めいただけます。
ネットでは高額転売が横行していますので、購入価格には十分ご注意ください。

■全体像

可変機構を備えた試作ロボ(モビルスーツ)です。
劇中に登場する機体の中でも、かなり異質なデザインとなっています。

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。
設定上の頭頂高は、当機が18.5mで、ガンダムが18.0m
1/144スケールにしては、ちょっと大きい気もします。

■パーツ構成

成形品が5枚に、ポリキャップ、ビス、ナット、シール、といった内容。
組み立ての際は、ビスを回すドライバーが必要なので、ご注意下さい。

大きな写真は以下をご参照ください。
HGUC ガブスレイ [RX-110] 058(当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • フェダーインライフル
  • ビームエフェクト x 2
  • ディスプレイスタンド
  • MA形態用ジョイントパーツ
  • ハンドパーツ
     握り手  [左右]
     ライフル [右]

ビームサーベル

袖の内側にグリップが2本収納されています。
左右で計4本あり、いずれも着脱可能です。

グリップには「ビームエフェクト」を接続できます。

フェダーインライフル

ガブスレイ用に開発されたロングライフルです。

専用のハンドパーツで右手に保持できます。…と、言いたい所ですが、
このハンドパーツ、非常にかみ合わせが緩く、加工しないとマトモに固定できません。
同じような状況が散見されるので、どうやら長らく放置されているエラーっぽいです。

後方に「ビームエフェクト」を接続すると銃剣にもなります。
こちらは握り手で保持するため、使用に問題はありません。

ディスプレイスタンド

当キット専用のスタンドです。

先端部は、2軸で可動します。

利用の際は、股下のカバーを外すと現れるハードポイントに接続します。

サイズ感はこんな感じ。
結構、主張が強いスタンドです。

台座部分の裏側には、使用しないパーツの収納スペースがあります。

ギミック

MA(モビルアーマー)形態への変形

詳細は割愛しますが、パーツの組み換えもあって非常に複雑です。

完成するこんな外観になります。
どことなく甲虫っぽい雰囲気でしょうか?
カブトムシに見えなくもありません。

後ろから見るとノズルが沢山あって、いかにも吹っ飛んでいきそうな感じ。

専用のジョイントを経由すれば「ディスプレイスタンド」も使えます。

■まとめ

  • 組み立てにはドライバーが必要です。
  • MA形態への変形ギミックがあります。
  • ライフルはハンドパーツを加工しないと、きちんと持てません。

以上、HGUC版「ガブスレイ」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(YouTube)

初心者さんのファーストガンプラにオススメ!(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想