タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【ガンプラ 】装備マシマシ!頭も2つ!?遊びつくせる量産機

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、一年戦争のサイドストーリーを描いた作品「機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク」より、HGUC版の「陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様)」をご紹介します。

商品名がメチャメチャ長いですね…。(;^_^A

※ HGUC:High Grade Universal Century

HGUC 1/144 RGM-79[G] 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様)
定価 ¥2,420(税込)
2020年3月17日 発売

プレミアムバンダイ限定販売なので、一般のプラモデルお取扱店では、お買い求めいただけません。
ネットでは高額転売が横行していますので、購入価格には十分ご注意ください。

■全体像

「陸戦型ジム」のスレイヴ・レイス隊仕様です。

製品としても、先に発売されている「HGUC 陸戦型ジム」のバリエーションキットとなります。

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。
設定上の全高は、双方とも同じ18mで、縮尺的に違和感はありません。

■パーツ構成

成形品が13枚に、ポリキャップ、シール、マーキングシール、といった内容。
前述のとおり、陸戦型ジムのバリエーションキットで、多くのランナーが流用されています。

大きな写真は以下をご参照ください。
HGUC 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様) [RGM-79[G]](当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • 100mmマシンガン
  • ロケットランチャー
     マウンタ
  • 180mmキャノン
  • ミサイルランチャー
  • シールド
  • ビームエフェクト
  • バックパック用カバー
  • フォーク搭載型バックパック
  • ウェポンコンテナ
  • ハンドパーツ
     握り手   [左右]
     平手    [左]

ハンドパーツ

標準の握り手が一組と、左の平手が付属します。

100mmマシンガン

100mmマシンガンは、先日の「スレイヴ・レイス」に付属していた物と同等品です。

標準の握り手で保持できます。

フォアグリップとストックが可動し、両手でも構えられますが、フォアグリップの角度はギリギリな感じです。

銃身下部のマガジンは着脱も可能で、これはサイドアーマーに装着されている予備マガジンと互換性があります。

ロケットランチャー

これも「スレイヴ・レイス」と共通品です。

グリップは少しですがスイング可能で、マガジンは着脱できるようになっています。

標準の握り手で、難なく構えられますが…、

パラシュートパックが干渉するので、意外と自由がききません。

付属のマウンタは、リアアーマーのカバーと差し替えて、ロケットランチャーを腰にマウントするために使えます。

パラシュートパック

バックパックの3mm穴に接続されており、かんたんに取り外せます。

また付属のカバーを使うと、この穴を隠す事もできるので、パラシュートパックを装着していない状態も再現可能です。

さらに、このバックパック自体も「フォーク搭載型」と換装でき、フォークは展開する事で「ウェポンコンテナ」をホールド可能です。

180mmキャノン

これも「スレイヴ・レイス」と共通品です。

グリップとフォアグリップの格納、および、マガジンの着脱が可能で、

利用の際は、標準の握り手で保持します。

軽量なので、片手持ちでも問題ありませんが、

トリガーに指がかからず、ちょっとかっこ悪いです…。

本体は、ご覧のように5つに分解することで、

さきほどのコンテナに収納する事もできます。

ミサイルランチャー

別製品「HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」に付属しているものと同等品になります。

グリップの付け根にスイング軸があり、標準の握り手で保持可能です。

シールド

スレイヴ・レイス隊のエンブレムが描かれた、スレイヴ・レイス用と同じシールドです。
(写真は塗装前なのでエンブレムは貼っていません)

エンブレムは「ホイルシール」として付属。

シールド裏には、クランク状に動くジョイントと、バイポッドが折りたたまれています。

装備の際は、ジョイントを前腕のハードポイントに接続します。

装備状態でジョイントを引き出すと、打突兵器としても利用可能です。

バイポッドは、実際にシールドを自立させるために使えます。

ビームサーベル

左右のふくらはぎにグリップが格納されています。

「ビームエフェクト」を接続して握り手で保持可能です。
エフェクトは左右ぶんあります。

■余剰パーツ

ジムヘッド

余剰パーツとして「頭部」がもう一つ付属しています。

これは、ノーマルの「陸戦型ジム」と同じタイプで、デフォルトの頭部と換装可能です。

■まとめ

  • 「HGUC 陸戦型ジム」のバリエーションキットです。
  • 付属品増量で、プレイバリューが格段に上がっています。
  • 「HGUC 陸戦型ジム」から、唯一「ネットガン」だけはオミットされてるので、ご注意ください。
  • 「ネットガン」が不要な場合は当キット、必要な場合は「HGUC 陸戦型ジム」を購入しましょう。

以上、HGUC「陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様)」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

ガンプラつくってみた [陸戦型ジム(SW隊仕様)(PP仕様) HGUC プレミアムバンダイ]

初心者さんのファーストガンプラにオススメ!(YouTube)

シェア

いいね

コンテンツへの感想