タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【悲報】油断すると余裕で折れる!?パーツの着脱にご用心!

Sigeyuki Takahasi

プラモデラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
ガンプラをライフワークとしているモデラ―で、YouTube「シゲチャンネル」管理人のシゲユキです。

今回は、「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」より、HG00「ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)」をご紹介します。

組み立ては基本的に素組みの無塗装ですので、ご了承ください。

※ HG00:High Grade 00

HG00 プレバン 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)
定価 2,750円(税込)
2021年12月 発売

プレミアムバンダイ限定販売なので、一般のプラモデルお取扱店では、お買い求めいただけません。
ネットでは高額転売が横行していますので、購入価格には十分ご注意ください。

■全体像

二代目「ロックオン・ストラトス」こと、ニールの弟「ライル・ディランディ」がマイスターを務める機体「ガンダムサバーニャ」の最終決戦仕様。

全身に搭載された「GNホルスタービット」が特徴的な機体です。

左:当キット / 右:ガンダムサバーニャ
左:当キット / 右:ガンダムサバーニャ

当キットは、2010年に発売された「HG00 ガンダムサバーニャ」のバリエーションキットとなっています。
両者は装備の構成が異なりますが、本体部分の構造はおおむね同等です。

HGUC No.191 ガンダムと比較
HGUC No.191 ガンダムと比較

HGのガンダムと並べると、こんな感じ。
設定上の頭長高は、当機もガンダムも同じ、ガンダムは18.0mです。

■パーツ構成

パーツ構成は、成形品が12枚に、ポリキャップ、シールと、なっています。
3枚のランナーが新規造形ですが、ほかは全て通常仕様からの流用です。

ランナーの大きな写真は以下をご参照ください。
HG00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) [GN-010](当方のブログです)

■付属品

本体以外の付属品は次のとおり。

  • GNライフルビットII用先端パーツ x 6
  • 台座用ジョイント

主要な装備はデフォルトで本体に搭載されています。

GNホルスタービット

背面の各アームに連結する形で、上側4基、下側10機の、合計14基搭載されています。

各「GNホルスタービット」は分割できますが、上側の4基、下側の4基は、2基が連結された状態のダミーパーツです。
残りの6基は個別に切り離せます。

油断するとかんたんに折れます…(T^T)
油断するとかんたんに折れます…(T^T)

ホルスター同士の接続には爪のあるダボが使われていますが、これが物凄く壊れやすいので、取り扱いには十分ご注意ください。

破損を避けるためには、着脱のたびにホルスターごと分解するのが安全かもしれません。

台座用ジョイント

GNホルスタービットのシールド状態を再現するためのパーツです。

これを使うと、2つの「GNホルスタービット」を向かい合わせで連結でき、

「ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF」の台座を使用した例
「ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF」の台座を使用した例

別売りの「HG00 ケルディムガンダム」または「HGBF ケルディムガンダムサーガ」に付属している台座に接続できます。
ただ残念ながら重心が前すぎるので、何かで押さえないと自立できません…。

GNライフルビットII

ダミーではない「GNホルスタービット」に収納されています。

左:固定タイプ / 右:可動タイプ
左:固定タイプ / 右:可動タイプ

計6基の「GNライフルビットII」は、固定タイプ4基と、可動タイプ2基に分かれており、

左:固定タイプ / 右:可動タイプ
左:固定タイプ / 右:可動タイプ

いずれも「先端パーツ」を付けることでビット形態となります。

固定タイプの4基は「アクションベース」に対応しており、I型ジョイントを利用して浮遊状態でのディスプレイが可能です。

可動タイプの2基は、センサー部グリップを引き出すことでライフル形態となります。

もちろん、握り手で保持可能です。

また、バレル部分をオミットすると、

「GNピストルビット」としても使えます。

余剰パーツ

余剰パーツとしては、ご覧の物が余ります。
「HG00 ガンダムサバーニャ」のバックパックと、「GNホルスタービット」を増やしたことで重複したパーツです。

■ギミック

頭部のガンカメラは、カバーとアンテナを動かして狙撃形態に変形可能です。

胸部の「GNミサイルポッド」は、組み換えで展開状態を再現。

脚部のものも、同様に展開します。

■まとめ

  • 劇場版 機動戦士ガンダム00に登場する機体「ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)」のキットです。
  • 本体は、既存のサバーニャと大きな差はありません。
  • 装備マシマシでプレイバリューが格段に上がっています。
  • ホルスターのダボがとにかく折れやすいです…。

以上、HG00「ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)」のレビューでした。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
よろしければ、フォローしてくださいね!

■動画

レビュー(YouTube)

組み立て工程(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

ガンプラつくってみた [ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) HG00 プレバン]

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想