タイトル画像

専門マスター

  • いいね

バーバリーブラックレーベルはどこへ消えた?誰もが知るハイブランドのセカンドラインについて

SNEAKm

スニーカーレビュアー/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

数年前までは当たり前の存在だったバーバリーのブラックレーベル。

実はぼくも学生自体に何度か買い物をしたことのあるブランドです。

しかし、今デパートを見渡してみてもバーバリーブラックレーベルというお店はどこにも存在しません。

バーバリーブラックレーベルは日本が独自に作ったブランド?

実はバーバリーブラックレーベルは日本のとあるメーカーがバーバリーの本家バーバリーロンドンからブランド名を借りて作った本家とは全く別のブランドなのです。

そのため、バーバリーブラックレーベルは本家バーバリーロンドンと比較すると価格はかなり安めでした。

2015年にライセンス契約が終了しバーバリーブラックレーベルが消滅

先述した通りバーバリーブラックレーベルは日本のメーカーがバーバリーから名前を借りて作られたブランドでした。

しかし、2015年にそのライセンス契約は終了しています。

そのため、バーバリーブラックレーベルを作った日本のメーカーはバーバリーの名を使うことができなくなりました。

よって、百貨店に多数出店していたバーバリーブラックレーベルは一気になくなったのです。

バーバリーブラックレーベルはブラックレーベルというブランドに変わった

百貨店にあったバーバリーブラックレーベルの店舗を見ると分かりますが、ブランド名がブラックレーベルに変更されています。

ライセンス契約が切れ、バーバリーという名前が使えなくなったため、ブラックレーベルという名前だけ残されているのでしょう。

おそらく、作っているものはほとんど一緒で、ブランド名が変わっただけです。

それにしても、バーバリーの名前がなくなったのは、ブラックレーベルにとってはかなり痛い気がします。

バーバリーという名前があったので少し高級感を出せたものの、ブラックレーベルだけではどんなブランドなのか全くイメージがつかず、誰が買い物をするのだろうと不思議に思ってしまいます。

バーバリー以外にもセカンドラインを展開するブランドはたくさんある

今回はバーバリーの話でしたが、実はハイブランドの多くはブラックレーベルのようなセカンドラインを展開しています。

セカンドラインは主に本家ブランドの価格が高すぎて購入できない、それでもブランド物を所持したい、という層をターゲットにしています。

以下はセカンドラインを展開している有名なブランドです。

バーバリーロンドン→バーバリーグラックレーベル
ドルチェ&ガッバーナ→D&G
ジョルジオアルマーニ→エンポリオアルマーニ

セカンドラインは本家ブランドと比較すると価格はかなり安め。

どんな人でも購入できる価格帯が設定されています。

まとめ

セカンドラインが良い悪いという話は置いておいて、セカンドラインがあるということは絶対に頭に入れておいた方が良いと思います。

メルカリやヤフオクでハイブランドだと思って購入したら実はセカンドラインだったらショックですからね。セカンドラインがあることを頭に入れておけば購入前に確認ができます。

主要なブランドのセカンドラインについてぼくのブログで詳しく紹介しているので気になる方はチェックしてください!

▼関連記事

シェア

いいね

コンテンツへの感想