タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ニューバランスの1400より1500がさきに発売された理由

SNEAKm

スニーカーレビュアー/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!

今回はニューバランスの1500と1400について紹介していきたいと思います!

ニューバランスの1000番代は1300からはじまって数字的には1400、1500、1600、1700と続くわけですが、発売された時期は数字通りではなく、1300、1500、1400、1600、1700という順番で発売されています。

▼1000番台の詳細はぼくのブログで紹介しています
ニューバランス1000番台を買う前に必ず知っておいて欲しいコト

この記事ではなぜ1400は1500のあとに発売されたのかを自分の知っている限りの知識で紹介していきたいと思います!

スニーカーのバイヤーさんや、ニューバランスショップの人や海外のスニーカーメディアなどの情報を元に話していきますので、絶対正しいとは言えませんが、まぁ99パーセントくらいは正しい情報だと思ってもらって大丈夫です!

▼動画でも同じ内容を投稿しています

コストが高すぎて1400の発売は遅れた

ニューバランス1400が1500よりもあとに発売された理由は、1400が開発の段階で一時生産中止となり、その間に1500がさきに発売されたからです。

1400が生産中止となった理由は高すぎるコストが原因でした。

サンプルで作られた1400は利益を生むためには40,000円を超える価格設定が必要だったため、実際に販売されるまでには至らず、そのまま生産が中止されてしまったのです。

そして、生産が中止されてい間に次の1500の開発が進み、結局1400が発売されていないにも関わらず1500は発売されていまいました。

そう考えるといかに1400が質の高い靴かということがわかります。

1400の発売には日本が欠かせなかった

その後1400の生産は再開され、販売までされることになるのですが、1400が販売できたのはニューバランスジャパンの存在があったからだと言われています。

ニューバランスジャパンの人間が、アメリカのニューバランス工場にて生産中止されていた1400のサンプルを見つけて、その完成度の高さに惚れ込みました。

そして、コストの関係で販売できないことを知ったニューバランスジャパンは1400にかかる材料の調達や企画を請け負い、生産のみをアメリカで行うことでコストを下げることに成功しました。

1400は最初の開発段階では高価なヌバックというレザーを使用する予定でしたが、最終的に価格を抑えるためにスウェードの生地で生産されたと言われています。

ちなみに、2018年にはその高価な素材であるヌバック生地を使用した特別な1400も発売されてちょっとした話題となりました。

▼ヌバックのM1400詳細
特別なニューバランスM1400|開発当初を再現したヌバック生地のグレーモデル

まとめ

最終的に発売時期をまとめると、1989年に1500が発売されて、その5年後の1994年に1400が発売されました。

さらにいうと、1994年には1500の後継機である1600も発売されていて、実は1400と1600はおなじ年に発売されていたスニーカーです。

▼M1400の詳細
ニューバランス1400徹底解剖!!なぜオシャレな人はM1400を履くのか?

▼M1500の詳細
ニューバランスM1500|大人の男性におすすめしたい高級感あるモデル

ざっとですが、1400が1500よりもあとに発売された理由を説明してみました。

1400も1500もどちらも人気のあるスニーカーなので結構興味のある人は多かったんじゃないかなと思います。

ちなみにぼくは、数年前は1400の見た目の方が好きでしたが、今は1500の方が好きで、履き心地に関してはずっと1500よりも1400の方が好きです。

発売された背景とかを知ると、好きなモデルも結構変わってくるので、1400がすきの人、1500が好きな人で今回話した内容を知らなかったという人はさらに愛着を持ってはけるのかな、と思います!

シェア

いいね

コンテンツへの感想