タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【北九州市】古くから北九州の方に親しまれ、広大な自然に囲まれた「高見神社」へ初詣に行ってきました!

それいゆさん

地域ニュースサイト号外NETライター(北九州市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

正月三が日は寝て食べて家でゴロゴロしていた、号外NETライターのそれいゆさんです。

小倉南区の隣り、八幡東区の高見神社へ初詣に行ってきました。

「高見神社」とは

高見神社は、神功皇后様が三韓(新羅・百済・高麗)遠征の際、戦勝祈願のため洞海湾の高見山に天神(あまつかみ)皇祖神十二柱をお祀りしたのが始まりだそうです。
1933年、日本製鐵株式会社の設立と共に現在の場所に建設されました。「ものづくりの精神」を伝える日本近代化産業の守護神として又、家内安全や交通安全、学問や安産など、たくさんのご利益がある古くから北九州の方に親しまれている神社です。

場所は八幡東区高見1丁目。小倉南区役所から車で約20分。北九州空港から車で約50分。

三条橋交差点
三条橋交差点

県道296号線、三条橋交差点を左折。

三条橋
三条橋

三条橋を越えると車が20台ほど並んでいました。

境内に上る石階段には大勢の参拝者が。

急勾配の石階段。階段を上る時は大丈夫でしたが、降りるときは手すりに捕まって降りないと怖かったです。車いすでも境内に出入りできる入り口が別にありますので、小さいお子さんや足腰の悪い方はそちらから出入りされた方が良いかと思います。

境内は広く、多くの参拝者がいらっしゃいました。森に囲まれた拝殿は静寂な雰囲気が漂っています。

参拝するときに必ずやることといえば「お賽銭を入れる」、「鈴を鳴らす」ことですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、お賽銭箱の上の鈴についている鈴緒(すずお)と呼ばれる麻の紐を縄状に編まれた綱が撤去されていました。
鈴を鳴らすことで神様に気づいてもらう、鈴の音色で参拝者を祓い清めお参りの気持ちを整えるという意味で大切な儀式なのですが、仕方ないですね…。

運良く、私が参拝しようとした時だけ誰も並んでおらず。「新年早々ラッキー!!」とウキウキな気分で参拝させていただきました。

神門御札授与所
神門御札授与所

神門御札授与所では御札やお守り、破魔矢などの縁起物を求めて列ができていました。

2022年 御朱印
2022年 御朱印

お正月限定の御朱印をいただきました。
高見神社のInstagramには御朱印に描かれている初日の出を見ることができますよ♪ 心が洗われるような素敵な初日の出です! ぜひ見てくださいね♪

御神池
御神池

ふと拝殿横の御神池に目を向けてみると

梅の花の蕾が少し膨らんでいました。春はすぐそこまで来ているようです♪

高見神社では2022年1月16日に「どんど焼き」が開催されます。

「新春青空縁日」も開催されますので、初詣に行かれた方もまだ行かれていない方も足を運んでみてはいかがでしょうか?

●高見神社●
住所:北九州市八幡東区高見1丁目1-1

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想