タイトル画像

触れていたくなるほど柔らかいライトニングケーブル。『Anker PowerLine Ⅲ Flow』

そうすけ

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

充電ケーブルを探すとき、機能や見た目は重視していても、その手触りまでは気にしたことはなかったように思います。

今回紹介する『Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ライトニング』は柔らかく、触れていたくなるほどしなやかな充電ケーブル。

高速充電にも対応した柔らかい充電ケーブル。

『Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ライトニング』の一番の特徴はその柔らかさ。

ケーブル内部の銅線をグラフェンで覆い外装にシリコン素材をつかうことで柔らかく耐久性を高めました。その強度は25000回の折り曲げにも耐える耐久性なので断線の心配もいらない。

僕が今回選んだのは「ミッドナイトブラック」の0.9mモデル。カラーは全5色で長さは1.8mも選べる。

iPhone8のモデルは最大18Wの急速充電に対応していますが、充電器とケーブルがPD(PowerDelivery)に対応している必要がある。『Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ライトニング』はもちろんPDに対応しているので安心してください。

使用時もクセが残らない。

僕が今回『Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ライトニング』を購入した一番の理由は、ケーブルに折りクセが残らないのではないかと思ったから。

今まで使っていたApple純正のライトニングケーブルはケーブルクリップで留めているとその硬さからどうしても折りクセが残ってしまいました。

実際に試してみると一目瞭然。どちらもケーブルクリップから外し一度ピンと伸ばして比べてみましたが『Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ライトニング』はクセが残らずスマートに使えそうです。

まとめ。

今はType-C to ライトニングのみの展開ですが、Type-C to Type-Cモデルも期待したい。

充電ケーブルではあまり気にしていなかったその手触り。そこまで重要ではないかもしれませんが、一度体感するとクセになるその柔らかさをぜひ試してみてください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想