タイトル画像

ノイズレスなフラットカーテン。無印良品『ノンプリーツカーテン』

そうすけ

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

カーテンは部屋の印象を決める重要な要素だと思っています。柄はあるのか、ヒダの量は多いのか少ないのか、フラットなロールカーテンなのか。カーテンが変われば部屋の雰囲気はガラッと変わります。

シンプルなモノが好きな僕が求めていたのが"ヒダのないミニマルなカーテン"

今回は、そんなシンプル好きの人が虜になる『無印良品 ノンプリーツカーテン』を紹介していこうと思います。

無印良品-ノンプリーツカーテン

無印良品の『ノンプリーツカーテン』は、そのヒダの無い一枚布のよう見た目がとてもシンプルで部屋の雰囲気をミニマルにまとめてくれます。

「プリーツカーテンだと存在感があり過ぎるし、ロールカーテンだと無機質すぎるな…」と思っていた僕が求めていたカーテンでした。

ノンプリーツカーテンは、そのナチュラルな質感とノイズの少ないデザインが、ブライワックスで塗装したデスクを際立たせてくれます。一般的なヒダ付きのプリーツカーテンに比べ部屋に馴染んでくれますし、何より朝起きた時に入ってくる柔らかい光が少しだけ早起きしたくなるような気分にさせてくれます。

雰囲気を決めるカーテン素材のバリエーション。

ノンプリーツカーテンの素材は様々。綿や麻など、無印良品らしいナチュラルな素材感がラインナップされています。僕の部屋で使っているノンプリーツカーテンは「綿洗いざらし」を使っているので透け感があり柔らかい光を部屋中に取り込んでくれます。

もちろん、採光だけでなく遮光カーテンもありますので安心してください。

『無印良品 ノンプリーツカーテン』の設置方法。

カーテンレール用のフックは初めからセットされている。
カーテンレール用のフックは初めからセットされている。

カーテンの設置方法は2種類。ひとつは初めからセットされているフックを使ってカーテンレールに引っ掛ける方法。

フックを外せばポールのにも設置可能。
フックを外せばポールのにも設置可能。

もうひとうつはカーテンポールに通して設置する方法です。セットしてあるカーテンフックを取り外すとポールを通すためのループが現れるので、そこへカーテンポールを通して設置していきます。僕部屋ではこの方法で設置しています。

既成サイズは幅100センチのみ、サイズオーダーも可能。

幅の広い窓は既製品だとサイズがない場合も。
幅の広い窓は既製品だとサイズがない場合も。

既成のノンプリーツカーテンのサイズは全て幅100センチのみで、丈は105センチ、135センチ、178センチ、200センチの4種類。僕の部屋の一面は既成サイズでぴったり合ったのですが、もう一面の窓は幅が長かったためサイズをオーダーして作ってもらいました。

細かく調整もできました。
細かく調整もできました。

僕がオーダーした時は店頭受付のみでしたが、今はネットでも注文できるようです。僕は自宅で窓の大きさを測って店舗に向かいました。店員さんにカーテンの取り付け方法などを伝えれば全て計算してくれるので特に困ることなく注文することができました。

まとめ

僕はやっぱりシンプルなモノが好きなので、どうしてもカーテンのヒダがノイズに感じてしまっていました。無印良品のノンプリーツカーテンはそんなシンプル好きな人の部屋にマッチするカーテンだと思いますので、ぜひチェックして見てください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想