タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

ラフでタフなミニマルバッグ『エンダースキーマ tape sack』

そうすけ

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

僕のカバンの中身はiPadやガジェットポーチ、書籍やカメラなど重たいものが多い。そうするとバッグ自体もタフでないとすぐに肩ベルトの部分がほつれてきてしまいます。

今回紹介するエンダースキーマの「tape sack」は肉厚なナイロンと強度のあるレザーを使ったタフなバッグ。ナップサックのようなラフな使い勝手も気に入っているプロダクトです。

ナイロンとレザーのタフな素材。

今回紹介するのは、レザーアイテムを得意とするブランドエンダースキーマの「tape sack」。ベルト部分はカウレザー、ボディ部分はナイロンとどちらも丈夫そうな素材感。といってもボディのナイロンは肉厚ですが、ゴワゴワした感じではなく柔らかく落ち感のある素材。

この柔らかさが背負ったときに体に沿ってスッキリとした見た目にしてくれます。

ボディに回り込んだカウレザーベルト。

「tape sack」の名の通りテープのようなベルトは少し細めの設定。バッグ自体は大きめですが、その華奢なベルトのおかげでスマートな印象に。

バックパックで1番痛みやすいのが肩のベルト部分だと思っているのですが、tape sackはベルトがボディ表面までグルっと縫い付けてあるので、肩部分に負担がかかる心配もなく長く使えそうです。

しっかりと口を締めてくれる仕組み。

背負わずに手で持ってもいいよう、ハンドルも大きめの設定。

口部分はスナップボタンで留めるだけなのですが、それだけでは心配。という人もいるかと思います。tape sackはその大きめのハンドルの中を通ってベルトがつけられています。

そのおかげで背負ったときにハンドルが引っ張られて、口がしっかりと閉まるような仕組みになっています。これなら中も見られることもなさそうです。

ラフな使い心地。

そしてtape sackの気に入っているポイントが「荷物をざっくり投げ込めること」。普段細かいモノはポーチの中にしまっているので、これと一緒にiPadやカメラを投げ込めるラフな使い方ができます。

ただ、バッグ自体にクッション性はなく、PC専用ポケット等もないのでPCやカメラは専用スリーブを使った方が良さそうです。

ポケットは2つだけ。

tape sackにはポケットが2つだけのシンプルなつくり。外側にiPhone11 Proがぴったり入るポケットがひとつと、内側にA5サイズの大きめのポケットがひとつ。

深さのあるバッグなので、大きめの内ポケットには鍵やメモ帳などすぐ取り出したいモノを入れています。

まとめ。

気に入ったデザインのアイテムはやっぱり長く使いたいもの。特に毎日荷物を詰め込んでハードに使うバッグには、その頑丈さもひとつの基準になっています。

ラフに使えるタフなバッグパック「tape sack」は色んなシーンで活躍してくれそうです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想