トレンド/カルチャー

壁を歩く?【昔のスケボートリック】ウォールウォークのやり方

SOUNDBOARDING

スケートボードビデオプロダクション

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今どきのスケートボードはオーリー、回し技、カーブトリックが主流ですが、
1970、80年代に流行っていた、いわゆるオールドスクールのトリックは、今見ればすごく新鮮でかっこいいです!
そんな昔のトリックの中から、今回は「ウォールウォーク」と言う壁を使ったトリックを、
80年代のスタイルにこだわるスケーター、アキラハジメ氏に教えてもらいました!

ウォールウォーク HOW TO:
1、壁に向かって垂直にアプローチ。
2、壁に足が届く間合いで次のすべての動作をほぼ同時にします。
3、後ろの手を地面につく。前の手でデッキを掴む。前足を下ろす。
4、上の動作で流れを止めずにテールの足でテールを壁に向かって押し出す。
5、テールが壁に付きそうなタイミングで足からデッキを抜き、足を壁に付ける。
6、抜いたデッキは上に大きく振りかざすようにして着地点の方向へ。
7、壁に付いた足で踏み切って、地面に付いた手を中心に半分側転をするように身体を回転させる。
8、タイミングよくデッキを足の下に敷きながら両足で着地。

動画を観ながら見様見真似でチャレンジしてみてください!
動きがブレイクダンスやカンフーっぽくて、かなりインパクトがあります!
それに壁があるだけで出来る技で、バリエーションもたくさんあるのでお勧めのオールドトリックです!

音源情報:
"JazzHop" - BEAT JAZZ BOOM BAP PIANO RAP FREE USE - USO LIBRE

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る