トレンド/カルチャー

これは驚き!垂直の壁をのぼる【昔のスケボートリック】伝授します。

SOUNDBOARDING

スケートボードビデオプロダクション

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

スケートボードの歴史の中でさまざまなトリックが生み出されてきました。
年代によって流行ったトリックやスタイルも全然違ったりします。
80年代のスケートスタイルにこだわるアキラハジメ氏に、当時多くのスケーターがやっていたトリックを紹介してもらいました。
今回は、ウォールウォーク系トリックのバリエーション。
まずは動画を観てもらいたいですが、驚くことに垂直の壁をのぼっています!
こんな見た目強烈なトリック。あなたもやってみませんか?
やり方はこちら↓

1、壁に正面から向かいます。
2、テールを踏み込んで、ノーズを上げ、後ろに手を付きながら倒れこみます。(野球のスライディングの様な感じ)
3、壁にデッキがビタッと垂直に張り付くように。(この時デッキが斜めになっているとメイクできません)
4、背中を壁の方に向けるようにしてもう片方の手も地面に付きます。
5、両手で身体を支えながら逆立ちするようにしてデッキを壁に上らせますが、やり方が2通りあります。
6、(やり方1:簡単)テールの足を一度地面に付きます。そしてその足も身体を支える役目をして前足を使ってデッキを押し上げます。デッキがある程度上がったら地面の足をデッキに戻します。
7、(やり方2:ちょい難)テールの足はそのままで、地面に付いた膝を支えに両足でデッキを押し上げる。
8、身体が逆立ちの様に一直線になったら、そこからさまざまなバリエーションのトリックができます。
今回はウォールウォーク・キックターン、ワンフット、360を紹介してくれました。

オールドスクールのトリックはカラダ全体、特に手を使ったトリックが多くて、見た目のインパクトがあって面白いです。
みなさんもぜひチャレンジしてみてください!

音源情報:
"JazzHop" - BEAT JAZZ BOOM BAP PIANO RAP FREE USE - USO LIBRE

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る