タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

春後半から初夏5月〜6月が最もトップ表層系ルアーが釣れる時期だって知ってました?

スペースモンキーズTV

魚釣り系バラエティ動画配信集団

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

さぁ!梅雨入り準備は大丈夫ですか!?            始まりますよ日本で最も表層水面トップで釣れる季節5月〜6月のアフタースポーニングバスのシーズン開始です!

ほぼ梅雨入り始まりは夏と言っても過言ではありません!水中は1ヶ月季節の進行が早いと諸説言われています。自分達が体感している気温よりバスたちはもうとっくに夏なんです!

夏になると様々な生物が活発的に動き出し生まれては朽ちていく周期を繰り返していきます。それが虫だったり魚類・甲殻類・爬虫類や鳥類などもブラックバスのターゲット餌になります。至る所で水面付近が騒がしくなり、蝉が水面に落ちたりバッタが飛び込んだり、トンボなども産卵のため水面をたたきます。こ雨が降ればカエルやトカゲ蛇の子供。水辺では生まれたばかりの小鳥なども捕食ターゲットになります。

そして、ブラックバス自体も産卵活動を終えてアフタースポーニングという時期を迎えます。この時期は産卵活動で消耗した体力を少しづつ取り戻していく段階で、水面に落ちる小さな生物や食べやすいものから捕食し、回復していくと並行して捕食対象も拡大していく時期でもあります。主にシャロー(浅瀬)の木の影や障害物などに身を潜め水面を意識した個体が増えます。それゆえこの時期からトップの釣りが熱くなり始めます!

っということで今回はアフタースポーニング今の時期最も水面系が熱くなるなぜ?なに?解説的な記事になりました!1発狙うならラッドセンス『スピットアウト』をよろしくお願いしますwラッドセンスxスペースモンキーズTVコラボルアーですお願いします!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想