タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【品川区】品川区初となるコミュニティバスの試行運行中! 愛称は「しなバス」です

すずめ

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都品川区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

品川区初となるコミュニティバスの試行運行が2022年3月28日から始まりました。

バスのルートは、西大井駅と大森駅を結ぶものです。

停留所は8つ。

西大井駅 ー 大井原町 ー 西大井二丁目 ー 伊藤学園 ー 大井五丁目 ー 品川歴史館北 ー さくら会前 ー 大森駅北口

西大井駅には、マクドナルドの目の前にしなバス専用のバス停があります。

大森駅は、北口の駅前大通りを横断した先の、日立大森ビルの前に乗り場があります。

車両は小型のノンステップバス。かわいいですね。

赤、橙、青の3色の車両が運行しているそうです。乗車するときは、何色のバスがくるのか、楽しみが広がります。

運賃は、大人220円、小学生以下は110円。現金または交通系ICカードが使えます。

1時間に2本のペースで運行していて、西大井駅から大森駅北口までを約20分で結んでいます。

バスの愛称は、公募で決まった「しなバス」。

今回のコミュニティバスの運行は、試行運行で、3年目の運行実績に基づき、本格導入や廃止も含めた見直しについて判断するそうです。

民間の公共交通機関を補完する役割として、区として初となるコミュニティバスの運行です。

東京都シルバーパスも利用できます。

ぜひ一度、乗り心地を確かめてみてください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。