タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【岡山市南区】お豆腐屋さんとお菓子屋さんの見事なコラボで、和食カフェ「豆と餅」がオープン。

すずめ号

地域ニュースサイト号外NETライター(岡山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

南区古新田に、お豆腐屋さんとお菓子屋さんがコラボした和食カフェのお店がオープンしました。

新しくできたのは、「豆と餅」というお店で、2021年12月10日(金)のオープン。

お店の場所は、国道2号線下り線沿いで、「妹尾東」交差点の南東角地にある「ダイヤ工業」ビルの1階。

お店を訪ねたのはオープンから数日後の平日、お昼の遅い時間帯。

風にゆったりとなびく、大きな長のれんが印象的です。

「豆と餅」はお豆腐屋さんの「増田豆富店」ときびだんごの老舗「山脇山月堂」がコラボした和食カフェ。

お店の名前の ”豆” は「増田豆富店」を、”餅” は「山脇山月堂」を表しています。

不思議な模様のロゴは、「豆と餅」の文字を図案化したものだとお店の方から伺いました。

↑店内の様子。

カウンター席の正面にもお店のロゴがありました。

↑カウンター席の後ろには2人掛けのテーブル席。

↑窓際には4人掛けのテーブル席もあります。

窓が大きくとってあるので、店内は明るく開放的な雰囲気。

↑「豆と餅」のメニューの最初のページ。

食事のメインはお豆腐を使った料理となっていますが、「豆腐」の代わりに ”豆富” と表記されている点にご注目。

↑メニューをめくると、さらに4種類の定食がありました。

いずれの定食もお豆腐が使われていて、「唐揚げ定食」ではタルタルソースにお豆腐が使われています。

↑デザートは、大福パフェと大福。

↑お豆腐や豆乳を使ったデザートも。

↑今回は、おぼろ豆腐がふんだんに使われている「豆富丼(¥990)」を頼んでみました。

ご飯は大盛・並盛・小盛のいずれも同一料金ということでした。

白みその豚汁と、小鉢はおからサラダ、デザートにはきなこをまぶしたきびだんごがセットになっていました。

↑おぼろ豆腐は濃厚で溶けるような食感。まさに ”豆富” といったところです。

とろろ、卵黄、かつお節、揚げ玉、ネギ、きざみのり、梅のしば漬けが入っています。

たくさんのトッピングで味に変化があり、最後の一口まで楽しませてくれます。

白みその豚汁は具だくさん、甘口のまろやかなお汁でした。

↑おからサラダ。おから独特のぱさぱさとした食感はなく、しっとりしていてポテトサラダに似た感じ。

トッピング盛りだくさんの丼、しっとり食感のおからサラダ、絶品の豚汁をいただいた後は、やさしい甘さのきなこをまぶしたきびだんご。

ちょっとしたコース料理を食べたような満足感でした。

↑12月中は、「豆と餅」のインスタグラムフォローで、お会計の際に10%オフの特典付き。

今回は12月10日、南区古新田のダイヤ工業ビル1階にオープンした和食カフェ「豆と餅」のご紹介でした。

豆と餅
岡山県岡山市南区古新田1125
定休日 毎週火曜日

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想