タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【岡山市中区】薄皮餃子の無人販売店が中区下にオープン。 香月の薄皮餃子ってどんな餃子?

すずめ号

地域ニュースサイト号外NETライター(岡山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年12月29日、中区下に薄皮餃子の無人販売店「餃子香月(かげつ)東岡山店」がオープンしました。

お店は中区下の国道250号線沿いにあって、長岡の交差点から西に100mほど行ったところにあります。

お店のお隣は「ネギラーメン」さん。

取り扱っているのは薄皮の冷凍生餃子で、24時間営業の持ち帰りの専門店。

オープン初日と翌日の2日間はスタッフの方がいらっしゃるとのことで、オープン初日の夕方にお店を訪ねてみました。

お店のオープンを知って、駐車場には次々に車が入って来ます。

↑徳島県に拠点を持つ「餃子香月」のチラシには、「中国エリアに初出店」とあります。

餃子香月では、今回オープンした東岡山店を含めて16の無人販売店を運営しています。
お店の多くは四国で展開されていますが、四国以外では兵庫県内に4店舗、そして岡山県では東岡山店が初出店となりました。(2021年12月29日現在)

↑お店の看板に ”元祖薄皮餃子” とあるのが気になり、徳島の本部から来られていた方にお伺いしてみたところ、

「薄皮」については厳密な定義はありませんが、一般的な餃子の皮は厚みが0.8mmほど。
それに対して香月の皮は0.5~0.6mmとなっています。
餃子の無人販売店はよく見かけますが、薄皮餃子の無人販売店はまだ多くはありません。
皮が薄くなると作るのが難しくなってきますが、餡(あん)の旨味を十分に感じることができます。
そして、皮は厚みを薄くするだけではなく、もっちりとした食感に仕上げています。

とのことでした。

餃子の餡についてもお伺いしたところ、

野菜やお肉はすべて国産のものを使用しています。
ニンニクは生のものをすりつぶして使用しているため、食べたときに新鮮なニンニクの風味が楽しめます。

それでは店内の様子をご紹介↓

お店に入ると、正面には大きな冷凍庫が設置されています。

24時間営業の無人販売店ということで、冷凍庫は自由に開閉できるようになっています。

↑冷凍庫にぎっしりと並べられている餃子のパッケージがこちら。

薄皮餃子(冷凍・生餃子)が36個入って、お値段¥1,000(税込)。

↑餃子の購入方法は至って簡単。

店内に設置された「料金箱」に餃子の料金を入れて、冷凍庫から餃子パックを取り出すだけ。

ただし、おつりは出てこないのでご注意ください。

↑餃子のタレ(¥100)、保冷バッグ(¥100)の販売もしています。

また、餃子1パック購入で、持ち帰り用レジ袋1枚無料となっていました。

餃子香月の「美味しい薄皮餃子の作り方」
餃子香月の「美味しい薄皮餃子の作り方」

これまで餃子の皮の厚みにまで意識を向けたことがありませんでしたが、パスタやラーメンなど麺の太さが変わると印象がガラッと変わるように、餃子も皮の厚みの違いを楽しんでみたいと思うようなお話が伺えました。

餃子香月 東岡山店
岡山県岡山市中区下245-1
24時間営業

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想